ニッポン書物遺産
ジャパンナレッジに収録された、数々の名事典、辞書、叢書……。それぞれにいまに息づく歴史があり、さまざまな物語がある。
世界に誇るあの本を、もっと近くに感じてほしいから、作り手たちのことばをおくります。
知識の泉トップへ

ニッポン書物遺産トップページへ
名所だけでなく、当時の人々の息づかいがわかる、江戸のガイドブック!

江戸名所図会 episode.5

江戸名所図会 episode.5

2011年5月27日、ジャパンナレッジのOneLookコンテンツに加わった「江戸名所図会」。
この「江戸名所図会」は、親子三代、50年近い歳月をかけて完成させた、江戸の絵入り地誌である。江戸および近郊の歴史、風俗、地誌が、文章だけでなく、ビジュアルでも存分に楽しめるという江戸時代のすぐれたガイドブックなのだ。
ではこの「江戸名所図会」、どういう経緯で誕生したの? 当時の江戸って? 江戸人と現代人の楽しみ方の違いは?
『江戸名所図会 CD-ROM版』(ゆまに書房)の監修者でもある鈴木章生目白大学教授と、"お江戸ル"こと江戸文化歴史検定1級保持者の女優・堀口茉純さんが、「江戸名所図会」を肴に、ディープなお江戸談義を繰り広げる、夏休み特別企画全5回。

2011年08月11日(木)更新
構成・文/角山祥道 写真/五十嵐美弥


書物データ

江戸時代を代表する地誌で、江戸名所の集大成と評されている、まさに江戸後期の"ガイドブック"。斎藤幸雄・幸孝・幸成(月岑)の親子三代が手がけた大事業で、天保5(1834)年と天保7(1836)年の二度に分け、7巻20冊が刊行された。収録された項目は1000を数え、収録地は江戸はもちろん、現在の神奈川、千葉、埼玉の名所も含まれている。発売されるやいなや、ブームを巻き起こした。
絵師長谷川雪旦の742点のいきいきとした挿画は魅力の一つ。神社仏閣や景勝地などの実地調査に基づいた俯瞰図や、生活風俗に関係する事柄の詳細で写実的な描写が楽しめる。見て楽しむだけでなく、歴史や風俗資料としても活用されている。

バックナンバー
日本国語大辞典
50万項目、用例総数100万例を誇る、日本最大級の辞典『日本国語大辞典』、通称『日国』だ。
この辞典の第一版が構想されたのは、1961年のこと。
第二版完結は2001年。現在、私たちが手に取っている、あるいはジャパ....  » 続きを読む


日本歴史地名大系
『日本歴史地名大系』(平凡社刊)。歴史地名事典の決定版といって間違いないだろう。
1県1冊を基本に、四半世紀をかけて全50巻(計51冊)を完結させた。ひとつのシリーズに25年の歳月をかけるなど、今の出版業界では考えられない偉業....  » 続きを読む


新編 日本古典文学全集
万葉集、古今和歌集、源氏物語、平家物語……。綿々と読み継がれてきた「古典」は、日本が世界に誇りうる"文化"といって間違いないだろう。
1970年に刊行が開始された『日本古典文学全集』全51巻(小学館)。そしてその跡を継いで19....  » 続きを読む


大辞泉
1995年に、3冊目の本格的中型国語辞典として誕生した、『大辞泉』。今や、iPhoneの人気アプリとしても認知されるなど、新しいデジタル辞書として、評価を高めている。
『デジタル大辞泉』の大きな特長は、年3回という、他の辞書の....  » 続きを読む


国史大辞典
日本史を学ぶ人にとって、この辞典を知らない、という人はいないだろう。多くの歴史愛好家たちを唸らせてきた、『国史大辞典』全15巻(全17冊)だ。1965年に編集がスタートし、32年かけて完結した日本史の大辞典。出版界でも希有なこの大事業は、吉....  » 続きを読む


世界文学大事典
“欧米文学に偏重することのない全地球規模の、世界に類のない「文学事典」を作る”。こんな熱い思いで1982年に企画がスタートした『世界文学大事典』。それから10余年の歳月を経て、1996年に誕生した同事典は、まさに「世界に類のない」ものだった....  » 続きを読む


江戸名所図会
2011年5月27日、ジャパンナレッジのOneLookコンテンツに加わった「江戸名所図会」。
この「江戸名所図会」は、親子三代、50年近い歳月をかけて完成させた、江戸の絵入り地誌である。江戸および近郊の歴史、風俗、地誌が、文章....  » 続きを読む


文庫クセジュ
もとをたどれば、1751年の『百科全書』に端を発し、第二次大戦下の1941年にフランスで発行が始まった『クセジュ』。日本では戦後間もない1951年に紹介された。手に取りやすい新書版というカタチで、私たちの手元に届けられたフランスの多様な“知....  » 続きを読む



日本方言大辞典
近世から現代の1000点を超える方言資料の中から語彙を採録し、北海道から沖縄に至る全国の方言を集大成した『日本方言大辞典』。1989年に上梓されたこの辞書は、総項目数は約20万という日本最大級の方言辞典である。そして2016年6月21日、ジャパンナレッジでの公開が....  » 続きを読む


日本大百科全書(ニッポニカ)
ジャパンナレッジのサービスが開始されたのは、2001年4月のこと。その開始当初から、根幹を成す「知識源」としてあるのが、『日本大百科全書』――通称『ニッポニカ』だ。見出し項目約14万、総索引語約50万という膨大な知識の集大成である『ニッポニカ』は....  » 続きを読む


ジャパンナレッジへ