第101回
ことわざの誤解

 タイトルを見て、ほとんどの方は、また「情けは人のためならず」「流れに棹(さお)さす」などの話かとお思いになったかもしれない。だが今回はことわざそのものの意味のことではなく、ことわざの中で使われていることばを間違って理解しているものがあったという話である。
 “あった”というのは実は筆者自身のことで、いささか恥をさらすことにもなるのだが。というのも、先ごろ刊行された『故事俗信ことわざ大辞典 第2版』を校正段階で読ませてもらって、ヘェーそうだったんだ、知らなかった!と思うことがしばしばあったのである。
 具体例を挙げてみる。
 まずは「灯台もと暗し」の「灯台」。何の疑問ももたずに、今まで岬の灯台だとばかり思っていた。だが、『ことわざ大辞典』には、灯火をともす台、つまり室内照明具のことだとあるではないか。なぜなら、「岬の灯台は遠方を照らし、洋上の船に位置の基準を示すもので、周囲を明るくするものではないから、比喩の理解に無理が生じる。」というのである。言われてみれば確かにその通り。みごとにやられたといった感じである。
 「覆水盆に返らず」の「盆」もそうであった。何で「盆」、つまりトレーに水を入れるのだろうと不思議に思ってはいたのだが、深く追求することはしなかった。『ことわざ大辞典』には、「この場合の『盆』は、食器などを載せる盆ではなく、素焼きで浅めの容器をさす。」と解説されている。長年の疑問が氷解したわけだが、変だと思ったことはすぐに調べなければいけないと反省もさせられた。
 もうひとつ、「年寄りの冷や水」の「冷や水」。「冷や水」は、冷水で水浴びをすることだと思い込んでいた。だが、『ことわざ大辞典』によれば、「冷や水」は「用例や江戸いろはかるたの絵札をみると飲料水」なのだそうである。つまり元来はお年寄りが生水を飲むことをたしなめたことわざであったらしい。
 皆さんはご存じだっただろうか。筆者などは30数年辞書に関わってきたが、まだまだこの程度である。だからこそ日本語は面白いと言ってみても、今回は負け惜しみにしか聞こえないかもしれない。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る