第123回
《「こぢんまり」が本則》

 今回は筆者のささやかな疑問にお付き合いいただきたい。
 最近のパソコンの文書作成用ワープロソフトはたいへん親切で、「ここはこぢんまりとしたいいお店だ」と書こうとしてつい「こじんまり」と入力してしまうと、表題のような文章が出て仮名遣いの間違いを指摘してくれる。
 確かに現代語の仮名遣いのより所となっている「現代仮名遣い」(昭和61年内閣告示)では、「5 次のような語は「ぢ」「づ」を用いて書く」として、「二語の連合によって生じた「ぢ」「づ」」の語例の中に「はなぢ(鼻血)」「そえぢ(添乳)」などとともに「こぢんまり」を掲げている。(「現代仮名遣い」の詳しい内容は文部科学省のホームページを参照されたい)
 だから「こぢんまり」が本則であるということに異議を差し挟む余地などないのかもしれないが、どうしてもそれで本当にいいのだろうかという疑問が消えないのである。
 というのは、一般に言われているこの語の語源説が納得できないからでもある。ふつうこの語は小さくまとまっているさまを表わす意味の「ちんまり」に「こ」がついた語だと説明されている。だが、『日本国語大辞典』を見ると、「小〆(コジンマ)り」(人情本『春色梅児誉美』〔1832~33〕)や「小締(コジンマ)り」(永井荷風『地獄の花』〔1902〕)という表記の例がある。このような例から「こ+ちんまり」ではなく、「コシマリ(小締)の音便。コは、やや意を強めていう接頭語」(『大言海』)という説もある。そうであるなら「こじんまり」で正しいことになる。
 内閣告示「現代仮名遣い」では、「現代語の意識では一般に二語に分解しにくいもの等として、それぞれ「じ」「ず」を用いて書くことを本則とし、「せかいぢゅう」「いなづま」のように「ぢ」「づ」を用いて書くこともできるものとする。」という、仮名遣いはどちらでもよいとする語例も掲げている。「こぢんまり」は語源に疑問があるし、「こ+ちんまり」が正しい語源だと言ってももはやそれを理解している人も少なくなっているであろうから、この「ぢ」、「じ」、どちらでもいいというグループに入れても構わないような気がする。
 自分が正しく仮名遣いを理解していないことを棚に上げて何を言っているのだとおっしゃる方もいらっしゃるかもしれないが、「現代仮名遣い」の見直しをお願いしたいのである。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る