第127回
「ひとりごちる」という語は存在するか?

 知人から、こんな質問を受けた。小説を読んでいたら「ひとりごちた」という表現を見つけた。終止形は「ひとりごちる」だと思われるが、手もとの辞典には載っていない。そんな語は存在するのだろうか。
 その時は、それは「ひとりごつ」という古語の四段活用の動詞で、独り言を言うという意味である。古語なので、「ひとりごちる」という終止形はおかしいと答えた。
 だが、少し気になることがあったので念のためにいくつかの国語辞典を引いてみた。すると、口語の上一段活用動詞「ひとりごちる」を見出し語として掲げている辞典があるではないか。これにはいささか衝撃を受けた。筆者は今までこの語を古語の「ひとりごつ」だと考えていたし、実際に編集に関わった国語辞典でも「ひとりごつ」で見出し語を立てていたからである。
 「ひとりごつ」は「ひとりごと(独り言)」が動詞化したちょっとユニークな語である。
 『枕草子』など古くは平安時代の用例が見られ、それらはほとんどが連用形の「ひとりごち」か、終止形の「ひとりごつ」の用例だけである(連体形の例もあるが)。
 近代例も『日本国語大辞典』で引用した尾崎紅葉『多情多恨』〔1896〕の用例、「『然(そう)云って可いかなあ』と独語ちたので」は連用形である。
 最近の小説で使われるときも、おそらく「ひとりごちた(て)」という連用形の例がほとんどだと考えられるのだが、ここでやっかいなのは、この語を現代語の上一段活用動詞と考えても連用形は「ひとりごち」で同じ語形になるのである。そのようなことから、この語を上一段活用の動詞と見なして、終止形「ひとりごちる」を作り出したものと思われる。
 口語化された「ひとりごちる」の存在を認めたとしても、いささか古めかしい語であることは間違いなく、どちらかと言えば時代小説などで使われることが多い語だと思うので、筆者としては依然として古語だと考えたいのである。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る