第141回
「破天荒」は文字にだまされてはいけない

 「破天荒な人生を送る」という文章を読んで違和感を覚えた方はどれくらいいらっしゃるだろうか。
 「破天荒」もまた、本来なかった間違った意味が広まっていることばの一つなのである。平成20年(2008)に文化庁が行った「国語に関する世論調査」で、「彼の人生は破天荒だった」を、「だれも成し得なかったことをすること」という意味で使うか、「豪快で大胆な様子」という意味で使うかという質問に、後者の意味で使うと答えた人が64.2パーセントもいたのである。もちろん正しい意味は「だれも成し得なかったことをすること」である。だがこちらを使うと答えた人はわずか16.9パーセントであった。
 『日本国語大辞典』によれば、「天荒」とはまだ開かれてなく荒れて雑草などがはびこっている土地のことである。「破天荒」は中国唐代に官吏の採用試験の合格者が一人も出なかったために人々に「天荒」と呼ばれていた荊州(けいしゅう)から、大中年間(847~860)に劉蛻(りゅうぜい)という及第者が初めて出たことにより、それを「天荒を破った」と言われたという故事によるという。これから、今までだれも行えなかった事を成しとげるという意味になった。
 従って「破天荒な試み」「破天荒な出来事」は前代未聞なという意味が正しく、豪快で大胆なという意味ではない。「破天荒な人生」も「破天荒な性格の持ち主」もどちらも間違った意味で使われた用法ということになる。
 「破天荒」が「豪快」とか「大胆」とかいう意味と結びついてしまったのは、恐らく「破」「荒」という漢字に惹かれてのことであろう。漢字表記だけで意味を類推してはいけないということなのかもしれない。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る