第161回
「ぐるになる」の「ぐる」は何語?

 あまりいい表現ではないのだが、「ぐるになって人をだます」というときの「ぐる」を、みなさんは平仮名、片仮名のどちらで書いているだろうか。ちゃんと調べたわけではないのだが、「グル」と片仮名書きにしている人の方が多いのではないか。もちろん強調する意味で片仮名書きにするという人もいるかもしれない。だが、何となく外来語だと思っている人もけっこういるような気がする。
 しかし、「ぐる」はれっきとした日本語なのである。お手元の国語辞典を引いていただくといいのだが、国語辞典の見出しはすべて「ぐる」と平仮名で表示されている。これこそ和語の証拠である。
 外来語だと思っている人は、ひょっとすると「グル」は「グループ」の略だという俗説に惑わされているのかもしれない。だが驚くなかれ、「ぐる」の用例は江戸時代からあるのである。
 『日本国語大辞典 第2版』には、
*浄瑠璃・鑓の権三重帷子(やりのごんざかさねかたびら)(1717年初演)上「目代(めしろ=目付役)になる此の乳母(うば)はぐる也」
*歌舞伎・勝相撲浮名花触(かちずもううきなのはなぶれ)(1810年初演)序幕「うぬはあの野郎と共謀(グル)だな」
という用例が引用されている。
 「ぐる」は、示し合わせてたくらみをなす仲間といった意味で、ふつうは悪事をたくらむ仲間をさしていう語である。上に引用した歌舞伎の用例のように「共謀」と書いて「ぐる」と読ませている例もある。『日本国語大辞典』で引用した用例はほとんどが浄瑠璃や歌舞伎の例なので、ひょっとすると芝居関係者の隠語だったのかもしれない。だが、実際には語源はよくわかっておらず、「なれあいの意の隠語トチグルヒの上下略か」(『大言海』)という語源説もあるがいささかあやしい。人形浄瑠璃社会の隠語として、からだにぐるりと巻く物という意味から「帯」を「ぐる」と言ったらしいが、それとの関連もわからない。
 ただ、少なくとも外来語ではなく、正真正銘の日本語だということだけは確かなのである。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る