第162回
「だんぎ」は「談義」か「談議」か? 

 読者から、おたくの辞書で「だんぎ」という項目を引くと、漢字表記は「談義」しか載せておらず、「談議」がないのはけしからんというお叱りをいただいた。新聞のコラムを読んでいたら「談議」と書かれていたのだが、「だんぎ」とは議論や論議をすることなのだから、「義」ではなく言偏のついた「議」が正しいのではないかというご指摘なのである。
 確かにそのように言えなくもないのだが、「談義」と「談議」の関係にはもう少し複雑な問題が存在するのである。と言うのは、「談義」「談議」はもともとは別のことばだったからである。「談義」は物事の道理を説き明かすこと、「談議」は談話・論議をすることという意味であった。両者は混同して使われることも多かったらしいのだが、『日本国語大辞典 第2版』を見ると古い用例は圧倒的に「談義」の方なのである。つまり「談義」が本来の表記と意識されていた可能性が高い。
 ところが近代に入り、「政治談義」とか「教育談義」などといった、道理を説き明かすという意味ではなく、気ままに話し合うという意味で使われた「○○談義」の形の複合語が生まれる。すると「○○談義」は「談義」だけでなく「談議」も多く使われるようになっていく。
 この、「談議」という表記を比較的早く認めたのが新聞で、たとえば共同通信社の『記者ハンドブック』などでも「談義僧」「長談義」「法話談義」などのように道理を説く場合は「談義」、「ゴルフ談議」「談議に花を咲かす」のように話し合う意では「談議」と使い分けている。
 国語辞典では、最新版で「談議」を示していないものは弊社の他にもある。伝統的な表記だけを認めようという立場である。だが現状では、新聞に追随して「談議」を加えた辞典が少しずつ増えてきていることは確かだ。辞典の表記よりも新聞の表記の方が先行したという、ちょっと面白い例である。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る