第164回
「2年ぶりに出場」──前回の出場はいつ?

 読者から「ぶり」という語の使い方について質問を受けた。「何年ぶり」などと言うときの「ぶり」の数え方がよくわからないというのである。
 念のために「ぶり」の意味を確認しておく。辞書的な説明をすると、「時間を表す語について、前回と今回との間にそれだけの時間が経過したという意味を表す語」ということになるであろう。
 よくスポーツ大会などで「○年ぶりの出場」などという言い方をするが、たとえば2年ぶりと言った場合、前回はいつになるであろうか。「ぶり」は満で数えるのが基本である。従って、今年(2013年)に「2年ぶりの出場」と言った場合は、〔2013年-2年〕でその前の出場は2011年だったことになる。
 だが、たとえば2012年に出場して2013年にも出場した場合は、1年たってはいるが、「1年ぶりの出場」とは言わない。これは「ぶり」にはその前の状態が再び起こるという意味ではあるが、年1回しかない催しの場合はその1年の間には出場の機会はないわけだからそう言わないのである。このような場合、ふつうは連続出場といった言い方をする。
 ここまでは、読者への基本的な「ぶり」の使い方に関する回答である。
 だが、この「ぶり」の使い方が最近どうも揺れているようなのである。蛇足ではあるがそのことに触れておく。
 ひとつは、「ぶり」にはそのことが起きることへの期待感が言外に含まれているので、「5年ぶりの大事故」といったような、よくないことには使わないとされてきた。ところが一部の辞典では、「好ましくないことにも使う。」(『明鏡国語辞典 第2版』)という注記が加わったのである。
 また、「ぶり」はある程度の時間を経て元の状態が再現されるという意味であるため、「着工以来10年ぶりに完成した」というような元の状態の再現ではない言い方も誤用だとされてきた。だが、NHKの『ことばのハンドブック 第2版』では、期待されている事柄であればこのような言い方も認めているのである。
 今後はこの揺れの扱いにも悩まなければならないようだ。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る