第166回
1時間おきに飲む薬は、いつ飲むのか?

 第164回で「2年ぶり」などの「ぶり」について書いたが、同じように時間を表す語について「3日おき」などと使う「~おき」も、実際にはどれだけの間隔なのかすぐにはわかりにくい語かもしれない。
 「おき」は、「ぶり」とは違って、時間だけでなく距離や数量を示す語とともに使われることもある。たとえば「1メートルおきに地面に棒を立てる」とか、「1段おきに階段を駆け上がる」とかいうような文章である。このような場合は、ものとものとの間(上の例では棒や段)に1メートルや1段という間隔を挟むことなので誤解は少ないかもしれない。
 ところが、時間の場合はどうであろうか。たとえば、「8時から1時間おきに薬を飲む」と言った場合、次に薬を飲むのは何時かというと、二通りの理解がありえるのである。つまり、8時から1時間挟んで次は9時に飲むという理解と、8時のあとに9時を挟んで10時に飲むという理解である。みなさんはどちらであろうか。
 実はこのような場合、どちらが正解かにわかに決めがたいのである。というのは、これが「1時間」ではなく「1日」だったらどうであろうか。「7月1日から1日おきに出かける」といった場合、毎日出かけるという人はいないであろう。間に出かけない日を1日おいて、3日、5日・・・と出かけるのではないか。これと同じだとすれば、「8時から1時間おき」は9時ではなく10時のように思える。だが、筆者の周辺の人に聞いてみると、9時と答える人の方が多かった。1時間をある時刻ではなく、時の長さを表していると考える人の方が多いのかもしれない。
 このように「おき」は時間を表す語との組み合わせによって理解が異なるという、不思議な語なのである。そのようなわけで短い時間の場合は誤解を避けるために、「○時間ごとに」などといった表現にするといった配慮も必要なのかもしれない。
 通常の国語辞典では、「おき」の解説は、数量を表す語についてそれだけの間隔をおいて規則的に繰り返される、とだけ説明しているものが多く、実際の使い方にまで言及しているものは皆無である。辞典の解説の仕方として、今後の研究課題である。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る