第170回
横書き文の読点は「、」か「,」か?

 先ずは問題である。次の2つの文章の違いがおわかりだろうか。
 憲法とは、国家の統治体制の基礎を定める根本法である。
 憲法とは,国家の統治体制の基礎を定める根本法である。
 なあんだ、と思いになった方も大勢いらっしゃると思う。違いは、「憲法とは」のあとにくる記号が「、」か「,」かということだけなのだから。
 だが、皆さんは横書きの文章を書いたとき、読点は何を使うべきなのか悩むことはないだろうか。実は先日、他社発行の専門辞典の原稿を書く機会があったのだが、その辞典は横書きで、原稿の執筆要領には、句読点はカンマ「,」と丸「。」を使うようにと書かれていた。その辞典が縦書きだったら、おそらく執筆要領で句読点について触れることは無かったであろう。だが、わざわざそう書くということは、正式な横書きでは読点が「,」なんだろうかと気になった。と言うのも、このコラムは横書きだが「、」と「。」を使っているからである。
 「,」はカンマ、コンマと呼ばれ欧文に使われる符号で、従来の日本語文にはなかったものである。また、欧文で句点に当たる符号は「.」で、こちらはピリオドと呼ばれる。
 だとすると横書きの日本語文の場合、句読点(くぎり符号)は以下の組み合わせが考えられる。
 (1)「、」と「。」
 (2)「,」と「。」
 (3)「,」と「.」
 (4)「、」と「.」
以上のうち、(4)の組み合わせは少ないかもしれない。
 どのパターンが最も支持されているのかよくわからないが、調べてみると横書き文の句読点(くぎり符号)の使い方についてはきまりのようなものが存在していたのである。それは、1951年10月30日付けで国語審議会から建議され、翌年内閣官房長官から各省庁事務次官あて依命通知された「公用文作成の要領(公用文改善の趣旨徹底について)」である。そこに「句読点は,横書きでは「,」および「。」を用いる。」と記載されている。つまり横書き公用文では上の(2)の「,」と「。」という組み合わせに統一しようとしたわけである。
 ただし、この「公用文作成の要領」は拘束力のあるものではなさそうだ。そのため新聞の記事も(1)「、」と「。」にしているものが多い。
 結論から言えばどの組み合わせでも間違いではなさそうなので、このコラムは従来通り(1)「、」と「。」で続けたいと思っている。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る