第188回
怒り心頭に○する

 表題の○の部分に入る漢字は何か?
 クイズではないのだが、平成24年(2012年)度の「国語に関する世論調査」によれば、○の部分に入るのは「達」だと思っている人が、67.1%もいるらしい。
 だが、正しくは「達」ではなく「発」なのである。この調査では「怒り心頭に発する」と答えた人はわずか、23.6%しかいない。しかも、「達する」だと思っている人の方が全世代にわたって数が多いということも判明した。
 「発する」と「達する」、確かに音は似ていなくもないが、なぜこれほどまでに間違って覚えている人が多いのであろうか。
 「達する」だと思っている人は、怒りのメーターのようなものがあって、それが一番上の「心頭」というところまでいたると思っているのであろうか。あるいは勝手な想像なのだが、「に」という助詞が曲者なのかもしれない。この「に」は動作作用の行われる場所を表す「に」なのだが、もともと「心頭において」という言い方であったとしたら間違える人も少なかったのかもしれない。
 怒りは心頭に行きつくわけではなく、心頭において生じるという言い方なのである。「心頭」とは何かというと、心、心の中のという意味である。「心頭」と言えば、甲斐国(山梨県)恵林寺の僧快川紹喜(かいせんしょうき)が織田信長によって寺に火を放たれた際に言ったという
心頭を滅却(めっきゃく=すっかり無くすこと)すれば火もまた涼し 
ということばを思い起こされる方も大勢いらっしゃることであろう。  
 従来なかった言い方がこれほど広まっていても、間違った言い方なので、「怒り心頭に達する」は辞典に載せることはできない。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る