第196回
「四」の読み

 先日ある日本映画を見ていて、主演の女優さんがベートーヴェン作曲の弦楽四重奏曲のことを「げんがくヨンじゅうそうきょく」と言っているのを聞いて、驚いた。「四重奏曲」の「四」は「ヨン」ではなく、「げんがくシじゅうそうきょく」のように「シ」と読むのが一般的だからである。その映画は笑いとサスペンスに富んだしゃれた映画で、「四重奏」を何と読もうが映画そのものの出来とは何の関係もなかったのだが、ただそのベートーヴェンの曲が映画の中では重要な意味を持っていたため、悪い癖が出てすぐに反応してしまったというわけである。
 漢字「四」の読みだが、常用漢字表を見ると以下のようになっている。
 「四」 シ: 四角,四季,四十七
     よ:四人,四日(よっか),四月目
     よつ: 四つ角
     よっつ: 四つ
     よん: 四回,四階
 見ておわかりのように、「四」を「シ」と読むのは音で、ちょっと意外だが「よん」と読むのは訓なのである。「四重奏」の場合は、「重(じゅう)」も「奏(そう)」も音なので、「四」も音、すなわち「シ」と読むのがふつうである。だが、物事には必ず例外があるもので、「四」を「し」「よん」または「よ」のいずれで読むかは、語によって異なる。
 NHKのアナウンサーの発音やことばの用法の基準を示した『NHKことばのハンドブック 2』によれば、「四」が頭につく語の場合はほとんどが「ヨン」または「ヨ」と読み、「四月」「四条(「ヨンジョウ」とも)」「四分六分」「四分咲き」などは、「シガツ」「シジョウ」「シブロクブ」「シブザキ」のように、「シ」と読むとしている。
 つまり「四」を何と読むかには、法則性は全くない。「四重奏」を「シじゅうそう」と読むのもそのように読み慣わしてきたからそうなっただけである。
 ちなみに、酒好きの人間にしかなじみがないかもしれないが、「四斗樽(斗は約18リットル、現在は三斗二升の樽が多い)」「四合瓶(720ミリリットル)」というのがある。これらには「しとだる」「よんとだる」、「しごうびん」「よんごうびん」と両用の読み方が存在する。どちらも間違いではないのだが、NHKは「四斗樽」は「しとだる」と読ませている。「四合」も「しごう」が古い言い方だとしている。かくいう筆者もNHKに従っているわけではないが、「しとだる」「しごうびん」派である。
 「四」を「シ」と読むのは「死(シ)」につながるので避ける向きもあるのかもしれないが、そのように読み慣わしてきたものはやはりそう読みたいと思うのである。


キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る