第202回
「雪辱を□□□」

 今回の表題は問題でもある。「雪辱を□□□」の□に入る3文字のことばは何か?
 正解はと何かと言うと、「果(は)たす」である。
 つまり、「雪辱を果たす」で、「昨年の雪辱を果たして優勝した」などと使う。「以前受けた恥を、仕返すことによって消し去ること。現代では多く、競技などで、前に負けたことのある相手を破って、負けた恥をすすぐことをいう。」(『日本国語大辞典 第2版』)という意味である。
 ところが、最近本来の言い方ではない「雪辱を晴らす」と言う人が増えているようなのである。実際に、インターネットで「雪辱を晴らす」を検索するとかなりなヒット数がある。
 文化庁が発表した2010(平成22)年度「国語に関する世論調査」でも、「雪辱を果たす」を使う人が43.3パーセント、「雪辱を晴らす」を使う人が43.9パーセントと、わずかではあるが「晴らす」派が多くなっている。
 「雪辱」とは、辱(はじ)を雪(すす)ぐという意味で、古くからある漢語のようだが、日本最大の漢和辞典『大漢和辞典』(諸橋轍次著 大修館)にはこの語は載っていない。『日本国語大辞典』の唯一の用例は、
*日本野球史〔1929〕〈国民新聞社運動部〉「四対〇、一高美事雪辱す」
 という、スポーツ(野球)に関するものである。上に引用した『日本国語大辞典』の語釈にも「競技などで」とあるように、日本のスポーツ関係者の間で生まれたことばなのかもしれない。
 「果たす」は成し遂げる、目的を達するという意味であるから、「雪辱を果たす」は、辱(はじ)を雪(すす)ぐことを成し遂げるという意味となる。
 これが「雪辱を晴らす」と言ってしまうと、「晴らす」は不快なものを払い除いて快くするということだから、意味不明の言い方にしかならない。「雪辱を晴らす」は、おそらく「屈辱を晴らす」との混同から生まれた言い方だと思われるが、残念ながら誤用であるとしか言いようがない。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る