第205回
疑問に思って「傾げる」のはどこか?

 表題にある「傾げる」は、けっこう難読語かもしれない。「かしげる」である。「かたげる」と読むこともあるが、現在は「かしげる」が一般的だと思われる。
 「傾」は「傾斜」の「傾」だから、ななめにするとか、かたむけるとかいった意味である。
 ではここで1つ問題。人間の体の一部を「かしげる」と、疑問に思う、不審に思うという意味になるのだが、その体の部分はどこかお分かりだろうか。
 答えは「首」である。「小首」と言うこともある。つまり「首(小首)をかしげる(かたげる)」で、疑問に思う、不審に思うという意味になる。だが、それが最近「首」ではなく「頭をかしげる」という形で使う人が増えているらしい。
 インターネットや国立国語研究所のコーパスで検索してみると、実際の動作として頭をかたむけているという意味ではなく、疑問に思うという意味で使われた「頭をかしげる」がかなりヒットする。国立国語研究所のコーパスでは、三浦綾子、森村誠一といった作家の例も見つかる。
  「首(くび)」は、頭と胴をつなぐ細くなった部分を指すだけでなく、そこから上の部分、すなわち「頭」全体を言うこともある。戦国時代に大将の首をとったと言えば、切ったのは首の部分だが、とったのは大将の頭である。また、「首」は「こうべ」とも読み、「頭」のことも言った。だから、「頭をかしげる」でも意味的にはよさそうなものだが、不審に思うという慣用表現は、「首をかしげる」が本来の形なのである。
 「首をかしげる」で思い出すのは、蓄音機のスピーカーの前でそのようなポーズをしている犬のマーク。この犬は日本ビクター(現株式会社JVCケンウッド)の登録商標で、ニッパーという名らしい。蓄音機から聞こえてくる亡き主人の声に耳を傾けている姿を描いた絵から、このマークは生まれたのだそうである。
 ニッパーもまた、スピーカーから聞こえてくる亡き主人の声に、しつこいようだが「頭」ではなく「首」を「かしげている」のである。
 〔本稿は、国語研究所とLago言語研究所が開発したNINJAL-LWP for BCCWJを利用しました。〕

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る