第209回
「合いの手」と「相槌(あいづち)」

 今回もまた問題から。
 以下の文章の━━の部分に入る最も適した語を答えなさい。
 (1)合いの手を━━
 (2)相槌(あいづち)を━━
 答えは、(1)は「入れる」、(2)は「打つ」で、正解は「合いの手を入れる」「相槌を打つ」となる。
 ところが、最近この「合いの手」と「相槌」とを混同して、「合いの手を打つ」「相槌を入れる」と言う人がいるらしい。辞書の中でも『デジタル大辞泉』がそれぞれの項目の補注で、その混同が誤りであることを指摘している。また、筆者のパソコンのワープロソフトでも、「相槌を入れる」と入力すると、《「相槌を打つ/合いの手を入れる」の誤用》、「合いの手を打つ」と入力すると《「合いの手を入れる/相槌を打つ」の誤用》と親切に教えてくれる。
 「合いの手」とは、元来は邦楽で歌と歌との間に楽器だけで演奏する部分のことで、やがて歌や音曲の間にはさむ手拍子や掛け声のことをいい、さらには「合いの手を入れる」で相手の話などに合わせ、ちょっとしたことばやしぐさを差しはさむことをいうようになった。
 また「相槌」は、刀鍛冶(かじ)などで、師が打つ間に弟子も槌(つち)を入れることで、互いに槌を打ち合わすことをいう。そこから転じて、「相槌を打つ」で他人の話に調子を合わせてうなずいたり、短いことばを差しはさんだりするという意味になったものである。
 「アイノテ」「アイヅチ」と同じ「アイ」で始まる語なので似ていなくもないが、まったく別の語である。「合いの手を打つ」の場合、「合いの手」は手拍子を打つこともいうので、それと混同しているということもあるのかもしれない。
 ただ、インターネットで検索しても、まだ混同した用法がさほど多く見られない点は希望が持てる。今のうちに『大辞泉』のようにできるだけ丁寧に注意を喚起して、誤用を食い止める手立てを施すことが大事だと思われる。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る