第214回
「地面」はなぜ「じめん」なのか?

 読者から、「地面」という語を辞書で引くと見出し語の読みは「じめん」になっているが、「地」という漢字の読みは「ち」なので、正しくは「ぢめん」ではないか、というご質問をいただいた。
 このような仮名遣いに関しての決まりは、1986(昭和61)年7月1日の内閣告示第一号「現代仮名遣い」に記載されている。そこで、それを元に説明しようと思って該当個所を探したところ、ぴったりの部分はあるにはあったのだが、どのように説明したらよいのか、はたとことばに詰まってしまった。
 それは、「じ」「ず」と「ぢ」「づ」の関係について述べた、「5 次のような語は、「ぢ」「づ」を用いて書く。」という部分の〔注意〕に書かれている。このような内容だ。

 次のような語の中の「じ」「ず」は、漢字の音読みでもともと濁っているものであって、上記(1)、(2)のいずれにもあたらず、「じ」「ず」を用いて書く。
例 じめん(地面) ぬのじ(布地)
   ずが(図画) りゃくず(略図)

 この部分を読んで、皆さんは何を言わんとしているのかすぐに理解できたであろうか。(1)というのは、同音語の連呼によって生じた「ぢ」「づ」のことで、たとえば「ちぢむ」「つづく」などである。(2)は二語の連合によって生じた「ぢ」「づ」のことで、たとえば「はなぢ」「まぢか」「みかづき」などである。
 正直に告白すると筆者自身この仮名遣いの「じ」「ず」と「ぢ」「づ」の関係はかなり怪しく、説明を求められてもすぐには答えられないことがある。そんな自分のことを棚に上げて言うわけではないのだが、このような国語施策に関する約束事は、できるだけわかりやすく記述してほしいと思うのである。だが、この部分は何ともわかりづらい。この内閣告示が出されてからすでに30年近くになり、そのような指摘もかなりあるようだが、放置されたままなのである。
 この〔注意〕の部分は何を言わんとしているのかというと、「常用漢字表」に「地」の音として「チ」「ジ」が載っているように、「チ」も「ジ」も元から「地」という漢字に存在する音で、この「ジ」は「はなぢ(鼻血)」などのように「チ」が他の語に続いたために濁ったものではない。したがって、「地面」は「じめん」、「布地」は「ぬのじ」と書くのが適切だということなのである。
 「じ」は「地」のもともとの音であるとひと言付け加えてくれれば、それでかなり理解の助けになると思うのだが、なぜそう言ってくれなかったのか残念でならない。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る