第217回
古くて新しいもうひとつの「さくさく」問題

 「さくさく」といっても、今回取り上げたいのは「パソコンがさくさく動く」などというときの「さくさく」ではない。この手際よく行うさまを意味する「さくさく」も、どの程度定着しているかという問題があるのだが、そのことは第185回で触れた。
 今回の「さくさく」は漢字で書くと「嘖嘖」。これはこれでけっこう難読語だと思う。意味は、「口々に言いはやすさま。また、盛んにほめたてること」(『日本国語大辞典 第2版』)である。「名声さくさく」「世評さくさく」などと使う語だといえば、聞いたことがあるという方も大勢いらっしゃることだろう。
 漢字「嘖」は、口々に言いはやすさまを意味する。そして「嘖嘖」の形で、評判が良い場合にのみ使う語とされてきた。ところが、である。「悪評さくさく」「不評さくさく」といった、悪い評判などと結びついて使われることがけっこう広まりを見せているらしいのだ。そのためNHKの『ことばのハンドブック』では、プラスの意味で使い「悪評さくさく」は誤りであるとわざわざ注記している。
 ところが、灯台下暗しと言うべきか、『日本国語大辞典 第2版』(『日国』)に、「嘖嘖」の誤用とされる用例が、ごく当たり前のように入りこんでいることに今更ながら気が付いてしまったのである。このような例だ。

 「私のやうな悪評嘖々たる人間が」(織田作之助『可能性の文学』1946年刊)

 今にして思う。『日国』第2版の編集を担当した者として、この用例をじゅうぶんに吟味しなかったのは、かなり軽率だったのではなかったかと。いくら「さくさく」の用例であるからといっても、明らかに誤用とされるものである。特殊な例であるだけに、扱いには何よりも慎重であるべきではなかったかと思うのだ。
 今、第2版の編集を行っていた過去に戻れるのなら、この例は補注にして、注意すべき典型的な誤用例として示すようにすると思う。作家の誤用例を、いくら用例主義の辞書だからといってわざわざ載せるのも、あまり趣味の良いやり方ではない気もするが。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る