第222回
「ふりの客」の「ふり」とは?

 紹介や予約無しで店に来る客のことを「ふりの客」というのだが、この「ふり」を英語の「フリー(free)」だと思っている人がいるらしい。確かに音は似ているが、この「ふり」はもちろんれっきとした日本語である。動詞「ふる(振)」が名詞化して「ふり」となったものである。ただし、なぜ「振る」が名詞化してこのような意味となったのか実はよくわかっていない。
 『日本国語大辞典 第2版』(『日国』)によれば、この「ふり」が使われるようになったのは近世以後のことで、料理屋、旅館、茶屋、遊女屋などでの用語だったらしい。
 『日国』に引用されているこの意味での「ふり」の初出例は、『松の葉』という歌謡集である。元祿16年(1703年)に秀松軒(しゅうしょうけん)という人が編纂したこの書は、主に江戸初期から元祿までの上方の三味線歌曲の歌詞を収めたものだという。
 以下のような用例である。

 「どれでもどれでもふりに呼ばれし新造の」(「月見」)

 「新造」とは、上方で新しくつとめに出た若い遊女をいった語である。この例を見る限り、「ふり」は近世に上方で生まれた語である可能性が高いと言えそうだ。意味の似ている語に「一見(いちげん)」があるが、これも上方の遊里で生まれた語で、もともとは遊女が初めてその客の相手をすることを言った。「一見」も後に一般の町家にまで広まり、なじみのない初めての客を言うようになるのである。「一見」は文字通り初めて会うという意味なので語源はわかりやすいと思う。
 江戸時代の文献を見ると、なじみでもなく約束もせずに、客が突然遊里に来ることを、「ふりがかり(振掛)」「ふりこみ(振込)」などとも言っていたようである。しかし、これらもやはり語源は不明だし、これらの語と「ふり」とどちらが先に生まれた語なのかもわからない。「フリー(free)」でないことは確かなのだが。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る