第228回
「吉日」を何と読むか?

 「思い立ったが吉日」の「吉日」だが、めでたい日、縁起のよい日を意味するこの語も声に出して読もうとすると、何と読むか悩む語ではないだろうか。
 「キチニチ」「キツジツ」「キチジツ」「キツニチ」
単に組み合わせを示したわけではなく、読み方の可能性はこの4種であろう。
 字音は、「吉」の呉音はキチ、漢音はキツ、「日」の呉音はニチ、漢音はジツである。つまりキチニチは〔呉+呉〕、キツジツは〔漢+漢〕で、キチジツは〔呉+漢〕、キツニチ〔漢+呉〕となる。
 ややこしくて申し訳ないのだが、この4種のうち一般的な読みはどれかというと、「キチニチ」「キチジツ」であろう。NHKもこれらを優先し、場合によっては「キツジツ」とも読むとしている。
 ではもう一つの「キツニチ」はいったい何なのかというと、「キチニチ」同様「吉日」の古い読み方なのである。『日本国語大辞典』にも、「キチニチ」「キツニチ」という読みの確証となる『日葡辞書』(1603~04年)の「Qichinichi (キチニチ)」「Qitnichi (キツニチ)。ヨキヒ〈訳〉良い日。吉日」という用例が引用されている。『日葡辞書』は、イエズス会がキリシタン宣教師のために編纂した日本語辞書で、当時の日本語の実態がわかる貴重な資料である。この『日葡辞書』には、「キチジツ」「キツジツ」は載っていないことから、「キチジツ」「キツジツ」は比較的新しい読み方だと考えられている。
 細かな論証は省略するが、以上を整理して古い順に並べると、「キチニチ」「キツニチ」→「キツジツ」→「キチジツ」となりそうだ。
 国語辞典では、これら4種類の読みの扱いはまちまちであるが、最近の傾向としては、いちばん新しい読みの「キチジツ」を本項目にするものが増えてきているようである。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る