第244回
「ピンからキリまで」

 ことばには話のネタになりそうな事柄が豊富なことばと、そうではないことばとがあるような気がする。今回取り上げる「ピンからキリまで」は、間違いなく前者だと思う。
 まずは意味に関するネタはどうだろう。
 「ピンからキリまで」は、本来は始めから終わりまでという意味で、そこから、最上のものから最低のものまでとか、上等なものから下等なものまでといった意味で使われるようになった。ところが、最近はそうではない意味で使う人が増えているらしいのである。
 こんな言い方だ。
 「人の好みもピンからキリまであるのでプレゼントを選ぶのは難しい」
 これは好みの幅の広さを言おうとしているだけで、等級や優劣のことを言っているわけではない。だが、このような本来の意味とは異なる使い方がじわじわと広まりつつあるというわけである。
 次に語源についても話のネタになりそうだ。
 「ピン」「キリ」っていったい何のことだろうと思ったかたも多いのではないか。ふつう「ピン」はポルトガル語の pinta (点)の意からで、「キリ」は、ポルトガル語の cruz (クルス「十字架・十字形」の意)からだと言われている。
 「ピン」は、カルタ・賽(さい)の目などの一の数の意味で使われ、そこから、第一番、また、最上のものという意味になった。「キリ」は、十字架の意から転じて、10の意味になり、最後のもの、あるいは、最低のものという意味になったのである。
 3つ目に「ピン」と「キリ」とどちらが上かということも話のネタになるであろう。
 これは語源からもわかるようにピンの方が上なのである。
 さらに、「ピン」と「キリ」は片仮名で書くか平仮名で書くかというネタはいかがであろうか。実は「キリ」には、クルスではなく、和語である際限の意味の「きり(切)」からだという説もある。ただ、一般には外来語意識が強く、「ピン」も「キリ」も片仮名で書くことが多いことから、辞書の見出しもほとんどの辞書が片仮名書きになっている。
 いかがであろうか。ネタの豊富なことばだということをおわかりいただけたのではなかろうか。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る