第247回
取り付く「しまもない」?「ひまもない」?

 「つっけんどんで取り付く○まもない」の「○」の中に入るひらがな一文字を答えなさい。
 こんな問題があったとしたら皆さんは何と答えるであろうか。正解は「し」、すなわち、「取り付くしま」が正しい。「しま」の意味は頼りにしてとりすがる所、頼るべき所ということである。「取り付くしまがない」のように打消表現を伴って用いることが多い。
 ところがこの「しま」を「ひま」だと思っている人が増えているらしい。
 文化庁が発表した2012(平成24)年度の「国語に関する世論調査」では、本来の言い方である「取り付くしまがない」を使う人が47.8パーセント、本来の言い方ではない「取り付くひまがない」を使う人が41.6パーセントと、かなり拮抗(きっこう)した結果が出ている。
 「しま」が「ひま」になってしまったのは、別に東京方言などに多くみられるような「し」と「ひ」の混同などではなく、「しま」は正しくは「島」であるのに、これを「暇」だと誤解しているからだと思われる。
 「島」とはもちろん周囲を水で囲まれた陸地のこと。この「島」がなぜ頼るべき場所という意味になるのかというと、船人にとって洋上にある島は、航海の際にもっとも頼りとすべき場所だからである。
 井原西鶴の小説『日本永代蔵』〔1688〕には、そうした原義を踏まえて、以下のような文章がある。
 「何に取附(とりつく)嶋もなく、なみ(波)の音さへ恐しく、孫子(まごこ)に伝て舟には乗まじきと〔=舟には乗せまいと〕」
 現在では「取り付く島もない」の形で使われることが多いが、以前は「頼る島もない」の形で使われることもあったようだ。要するに「取り付くしまがない」は便りとすべき島(所)がないという意味で、人にすがりつく暇(わずかの時間)もないという意味ではないのである。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る