第255回
「破綻」を何と読むか?

 いつも私の髪を切ってくれるO君は無類の話し好きである。先日もハサミを使いながら、「北海道でザイセーハジョーした市がありましたよね。なんていうとこでしたっけ。」と言うのである。
 「ザイセイ」は「財政」だということはすぐにわかったのだが、「ハジョー」とはいったい? 思い当たったのは、「破綻」を「ハジョー」と読んでいるのではないかということである。その市とは間違いなく夕張市のことだと気づいたからである。
 だが、なぜ「破綻」が「ハジョー」になるのか。O君には悪いのだが、たいへん面白いテーマをもらったと思った。

 「破綻」を「ハジョー」と読んでしまうのは、おそらく「綻」と編の部分だけ異なる「錠」と混同しているからであろう。「錠」は「錠前」「錠剤」などの「錠」で、戸締まりなどに用いる金具や、粉薬を粒に固めたもののことをいう。「綻」よりも「錠」のほうが広く知られている漢字なのかもしれない。
 そこで試しにインターネットで検索すると、「破綻」を「ハジョー」と読んでいる人がけっこういるではないか。おまけに、わざわざ「破錠」と書いている人までいる。ふつうのワープロソフトでは「破錠」は一発で変換しないと思うのだが。
 なぜこのような珍現象が生まれたのか。思うに、「破綻」の「綻」の字は常用漢字ではあるが、2010年(平成22年)に告示された「改定常用漢字表」に新たに追加された196字のひとつで、読みがけっこう難しい漢字だからではないか。
 「綻」が常用漢字でなかったときには、新聞などでは「破綻」には「はたん」とふりがなをつけるか、別の語に言い換えるかしていた。だが、常用漢字に加わったことによってふりがなをつけずに使えるようになってしまったのである。もちろんそれはそれで何の問題もない。だが、「破綻」はこのように読み間違える人もけっこう多いので、できればふりがなを復活させてほしいと思うのである。
 ふりがなは平安初期に始まった漢文への訓点の記入を起源とするもので、日本の識字率を古くから支えてきた、日本固有のすぐれた文字文化である。戦前には作家の山本有三らがふりがな廃止の提唱をしたり、戦後には漢字制限による文章の平易化などがあったりして、ふりがなの使用は最近ではかなり少なくなっている。だが、読めないほうが悪いと切り捨てるのではなく、多くの人が読めるようになる便利なふりがな文化を、もっと積極的に生かしたらどうかと思うのである。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る