第259回
「固執」を何と読むか?

 かれこれ40年近くも前の話である。大学の同級生に「従来のやり方に固執する」などと言うときの「固執」を「コシュー」と言う友人がいて、あれ?と思ったことがある。自分は「コシツ」と言っていたからである。失礼な話だが、彼は地方の出身だったので、最初は方言か何かなのだろうかとさえ思った。
 だが、ずいぶん経ってからではあるが、彼は「固執」の本来の読みをしていることがわかった。
 「執」という漢字の字音は「シュウ」「シツ」と二種類ある。違いは、「シュウ」が漢音で「シツ」は慣用音であるということ。慣用音とは、中国で生まれた漢字音ではなく、日本で独自に生まれた漢字音である。
 「執」の慣用音「シツ」が生まれた理由は、「執(シュウ)」が漢語の熟語の上部にくると「シッ」と促音に読まれたため、やがて「シツ」という音が生じたと考えられている。
 文献例を見ると、「固執」を「コシツ」と読む例は近世末まで見当たらない。同様の語に「確執」があるが、こちらも今でこそ「カクシツ」と読まれているが、古くは「カクシフ(シュウ)」と読まれていて、室町から江戸初期までの辞書類もほとんどこの読みとなっている。
 常用漢字表はどうかというと、同表は特に断ってはいないが、字音が複数存在する場合は代表する字音で配列されていて、「執」の場合それは「シツ」である。つまり慣用音の方が代表音だと考えているわけである。そして、「シツ」の語例としては「執務、執筆、確執」を、「シュウ」の語例としては「執念、執心、我執」を挙げている。「執務」と「執筆」は問題なかろうが、「確執」を「カクシツ」と読ませているということは、もはや常用漢字表でも「カクシュウ」や「コシュウ」は認めていないということになるのであろう。放送の世界でもNHKは、「コシツ」のみを認め、「コシュウ」は認めていない。
 だが、「固執」を「コシュウ」などと言うと、40年前の私のように変な顔をする人がいるかもしれないが、漢字の知識としては知っていても良さそうな気がする。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る