第29回
あの「あっぱれ!」が
もう一度聞きたくて!

 プロ野球の日本ハムやロッテで監督を務めた大沢啓二氏が10月7日に亡くなった。毎週日曜日の朝、「サンデーモーニング」というテレビ番組での「あっぱれ!」「喝!」という威勢のいい声を楽しみにしていたので、残念でならない。そこで、大沢氏が名プレーに対する賞賛のことばとして使っていた、この「あっぱれ」のことを書いて哀悼の意を表したいと思う。
 「あっぱれ」は元来は「あわれ(哀)」で、促音化して意味を強めた語である。中世の初めごろから文献に見られるようになり、
たとえば『平家物語』では、
 「あっぱれ、この世の中は只今(ただいま)乱れ、君も臣もほろびうせんずるものを(=みな滅んでしまうだろうに)」(文覚被流)
のような、「ああ」という悲哀を込めた強い感動を表す例や、
 「あっぱれ剛の者かな。是をこそ一人当千の兵ともいふべけれ」(二度之懸)
のような、「みごとな」という賞賛を表す例が混在している。
 大沢氏の「あっぱれ!」は、もちろん後者の意味である。
 その後、「あっぱれ」は賞賛する気持ちを表す例が主流となり、しみじみとした情趣・感情を表す「あわれ」とは別語として意識されるようになっていくのである。
 なお、「あっぱれ」は「天晴」と当てることもあるが、いかにも賞賛語らしいうまい当て字だと思う。さらに近世には「遖」とも書いた。これは「しんにゅう」と「南(太陽の光で明るい)」を合わせて「天」が「晴れる」という意味を表した、判じ物のような和製漢字である。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る