第297回
「有り金を叩く」

 「へそくりを叩いて腕時計を買う」などというとき、皆さんは「叩いて(叩く)」を何と言っているであろうか。大方は「はたいて(はたく)」ではないかと思う。ところが、「たたいて(たたく)」と言っている人もいるようなのである。もともと、財産や持ち金を全部使いつくすという意味の場合は「はたく」が使われ、「たたく」が使われることはなかったのであるが。
 そもそも「はたく」と「たたく」とでは、手や手で持ったもので何かを打つという意味では共通しているが、ニュアンスがかなり異なる。
 「はたく」の原義は、砕いて粉末にする、粉にするという意味で、「搗(つ)く」の意味に近い。これが、うち払う、払いのけるという意味になり、さらにごみやほこりをたたいて落とすという意味になる。「ほこりをはたく」などというときの「はたく」はこの意味で、そうするための「はたき」と呼ばれる道具まである。財産や持ち金を全部使いつくすという意味はおそらくこの意味から派生したものであろう。「財布をはたく」などという言い方は、まさに中身をすべてたたいて落とすということを表しているものと思われる。
 一方「たたく」は、何度も繰り返して打つ、続けて打つという意味が原義である。しかも、「たたく」には「はたく」にはある「払いのける」という意味は元来なかったのである。
 ところが、「はたく」も「たたく」も漢字では「叩く」と書かれる。国語辞典の表記欄でも、「はたく」「たたく」ともに「叩く」という漢字表記が示されているはずである。ただ、この「叩」という漢字は常用漢字ではないため、通常はともに仮名書きにされることも多い。また、「叩」は字音は「コウ」だが、字訓は漢和辞典でも「たたく」しか載せていないものが多いため、「はたく」は仮名書き、「たたく」は「叩く」と使い分けられることもある。
 従って「有り金(へそくり)をはたく」という場合は、「はたく」をわざわざ漢字にするとかえって混乱を招くことになるのだが、どうやら実際にその混乱が生じ始めているというわけである。 
 このようなこともあって、最近は国語辞典によっては「たたく」に財布のお金をすっかり使うという意味を載せているものが出始めている(『明鏡国語辞典』『大辞泉』など)。『日本国語大辞典』にも残念ながら実際の使用例は示されていないのだが、すっかり使い果たすという意味が載せられているのである。
 ただし、このような意味の「たたく」は最近生まれた言い方かというと、必ずしもそういうわけではない。織田作之助の未完の小説『土曜夫人』(1946年)にも、

 「なけなしの金をたたいてずるずると梯子酒を続けようというのは、飲み足らぬというよりは、むしろアパートへ帰るのがいやだったからだ」

と使われているのである。
 「はたく」と「たたく」では「は」「た」の違いだけなので音も似ていなくもない。「有り金をたたく」という言い方はそういったこともあって、目立たないがだいぶ前からじわじわと広まっているのかもしれない。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る