第305回
「願わくは」か?「願わくば」か?

 「願わくは今年も家族全員が元気に暮らしていかれますように」

 この文章を読んだとき、「あれ?」と思いになった方もけっこういらっしゃるのではないだろうか。「願わくは」ではなく「願わくば」が正しいのではないかと。
 だが、「願わくは」が本来の言い方で、「願わくば」は実は新しく生まれた言い方なのである。
 「願わくは」は、願うところは、望むことはという意味で、願望や希望の表現を伴って、ひたすら願うという意味を表すことばである。強調して「こい願わくは」と言うこともある。
 文法的な話をさせていただくと、「願わく」は動詞「ねがう(願)」のク語法(活用語の語尾に「く」などがついて、名詞化される語法)で、これに助詞「は」が付いたものが「願わくは」である。もともとは漢文訓読から生まれた語法で、「願わくは、~せんことを」「願わくは~したいものである」といった形で使われた。そのため現代でも、文語調の文章で用いられることが多い。
 「願わくば」はその語源意識が失われて、助詞「は」を濁らせて使うようになった言い方なのである。
 古典の中でこの「願わくは」を使った用例として最も有名なものは、平安後期の歌人西行の歌集『山家集』(12C後)に載せられた以下の歌であろう。

 「ねがはくは花のしたにて春死なんそのきさらぎの望月の頃」

 願うことなら桜の花の下で春に死にたいものである。陰暦二月の十五夜のころにといった意味である。
 「願わくば」と濁った用例は時代が下って、江戸時代から見られるようになる。たとえば、

 「南無薬師十二神、願はくば、みづからに、男子にても、女子にても、子だねを一人、さづけたまへ」(浄瑠璃『十二段草子』1610~15頃か)

のような用例がそれである。
 『十二段草子』は浄瑠璃とは言っても現在でも上演されている人形浄瑠璃とは違う、それ以前に発生した、牛若丸と浄瑠璃姫の恋物語を元にした語り物である。今では神仏に祈るとき、ここにあるように「願わくば」という人も多いのではないだろうか。
 最近の国語辞典では「ねがわくは」を見出しとして、そこで「ねがわくば」ということもあると注記しているもの、「願わくば」を空見出しとしているもの、「願わくば」は誤りだと言い切っているものの3種類に大きく分けられる。
 私は、確かに文法的には誤りかもしれないが、だからといって誤用だと言い切るのはいかがなものかと思っている。

★神永曉氏、朝日カルチャー新宿教室に登場!
 辞書編集ひとすじ36年の、「日本語、どうでしょう?」の著者、神永さん。辞書の編集とは実際にどのように行っているのか、辞書編集者はどんなことを考えながら辞書を編纂しているのかといったことを、様々なエピソードを交えながら話します。また辞書編集者も悩ませる日本語の奥深さや、辞書編集者だけが知っている日本語の面白さ、ことばへの興味がさらに増す辞書との付き合い方などを、具体例を挙げながら紹介されるそう。
講座名:辞書編集者を惑わす 悩ましい日本語
日時:5月21日(土)13:30-15:00
場所:朝日カルチャーセンター新宿教室
住所:東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル4階(受付)
くわしくはこちら→朝日カルチャーセンター新宿教室

キーワード:

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約2万冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る