第322回
「魚介類」か?「魚貝類」か?

 海産動物を総称して「魚カイ類」と言うが、「カイ」の部分の漢字をどう書くかで悩むことはないだろうか。「魚介類」か「魚貝類」かで。
 「介」と書くと、この漢字にはよろい、甲羅、殻などという意味があるため、貝類だけでなく甲羅をまとった生物であるカニやエビなども指すことになる。一方、「貝」と書くと貝類だけと受け取られるおそれもあり、海産動物の総称とはいえなくなってしまいそうである。
 しかも、「貝」という漢字は、「かい」という読みは音だと思っている方も大勢いらっしゃるだろうが、実は訓なのである。音は「ばい」である。従って、「魚介類」は「介」を「かい」と読むのはどちらも音読みなので問題はないのだが、「魚貝類」を「ギョカイ」と読むと重箱読みになってしまう。
 このようなこともあって、国語辞典によっては見出し語の表記欄には「魚介(類)」だけしか示していないものもある。新聞では、たとえば時事通信社編の『最新用字用語ブック』でも「ぎょかい(魚貝)→魚介~魚介類」として、「魚介(類)」と書くようにしている。
 「魚介」と「魚貝」ではどちらが古くから使われていたかというと、「魚介」のほうが古い。「魚介」は江戸時代後期の使用例があるが、「魚貝」は近代になってからの例ばかりである。
 ことば遣いに一家言あった芥川龍之介は、「魚介」も「魚貝」も使っているのだが、明らかに区別して使っている。たとえば、『澄江堂雑記』というエッセイ集の中で、

 「按(あん)ずるに『言海』の著者大槻文彦(おほつきふみひこ)先生は少くとも鳥獣魚貝(ぎょばい)に対する誹謗(ひばう)の性を具へた老学者である。」

とあるのだが、「魚貝」は「ぎょばい」と読ませているのである。
 ただ、「魚貝」を「ぎょばい」と読むと、耳で聞いただけでは何のことかわからないという人も多くいるだろうから、「魚貝(類)」は間違いではないとしても、「魚介(類)」と書いたほうが無難なのかもしれない。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る