第35回
①、(1) を何と読むか?

 私事にわたるが、今秋の初めに山形の庄内地方に出掛けた。ここは行くたびに何かしら新しい発見があるのだが、今回は酒田市と鶴岡市に囲まれた三川町の役場の方々とお会いし、庄内弁の興味深い話をうかがうことができた。
 三川町はかつて方言の魅力や文化を紹介した「全国方言大会」を町を挙げて毎年開催していた土地で(2003年の第17回大会で終了)、「方言の里」を宣言するなど、町のみなさんは方言に対してとても強い関心をもっているのである。 
 今回まず話題になったのが、標題にした①、(1)の読み方である。
 ふつう①②や(1) (2) は「まるいち」「まるに」、「かっこいち」「かっこに」と言うと思うのだがいかがであろうか。これを庄内地方(山形県全体でも同じ)では、「いちまる」「にまる」、「いちかっこ」「にかっこ」と言うのだそうである。このような言い方は山形県限定のものらしい。
 なぜこのような言い方が山形で生まれたのか。あえて説明をするなら、これらの記号の筆順(?)は「1→○」「1→( )」のように数字を先に書き、○や( )を後で書くことが多いだろうから、書く順序から生まれた言い方だといえなくもない。
 だが、たとえそうであったとしても、山形県人だけが順序をきちょうめんになぞって言っている理由はやはりわからない。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る