第342回
「師走」を「しはす」と読むのは間違いか?

 「常用漢字表」に「付表」というのがあるのをご存じだろうか。「いわゆる当て字や熟字訓など,主として1字1字の音訓としては挙げにくいものを語の形で掲げた。」ものである(「表の見方及び使い方」)。
 この付表に示された語の中に、陰暦12月の異称である「師走」が入っているのだが、その読みを「しわす」としつつ、「(「しはす」とも言う。)」といった注記もついている。
 確かに、「師走」は「しわす」と読むのがふつうであるが、「しはす」と言っている人もけっこういるような気がする。すべての国語辞典がそうだというわけではないのだが、「師走」は解説のある本項目は「しわす」であるが、「しはす」を空見出し(参照見出し)にしているものも多い。「常用漢字表」に注記があるからということではなく、実際に「しはす」で引く人も多いことから、引きやすさを考えたためだと思われる。
 ただ、どうしたわけかNHKはシハスは認めておらず、シワスとだけ読むようにしている(『NHKことばのハンドブック』)。
 言うまでもないことではあるが、「師走」はもちろん当て字である。「師走」の歴史的仮名遣いは古くから「しはす」と書かれてきたが、語源についてはよくわかっていない。『日本国語大辞典』の語源説欄には、経をあげるために師僧が東西を馳せ走る月であるところから、シハセ(師馳)の義だという説、四季の果てる月であるところから、シハツ(四極)月の意だという説、トシハツル(歳極・年果・歳終)の義だという説などが紹介されているが、決定打となるものはない。この中では、最初の師僧が東西を馳せ走る月だという説が、年の暮れの慌ただしいようすと一致することから、もっともよく知られているであろうし、それが語源だと思い込んでいるかたも多いかもしれない。確かにこの語源説に従えば「シハセ(師馳)」が「シハス」となり、これが歴史的仮名遣いになったようにも思えるのだが。
 いずれにしても「しはす」と読むのは、歴史的仮名遣いをそのまま読んだことと、「師走」という当て字に引かれたからであろう。NHKは使わない読みではあるが、間違いとは言えないと思われる。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る