第39回
「おおみそか」と「おおつごもり」

 今年も「大晦日」まであと数日となった。1年の最終日である「大晦日」は、「おおみそか」とも「おおつごもり」とも読まれる。現在では「おおみそか」のほうが一般的な言い方であろうが。
 「みそか」は月の初めから30番めの日、すなわち月の末日のことで、特に12月の末日を「おおみそか」というようになったのである。
 「つごもり」はツキコモリで、月の光がまったく見えなくなるころをいったらしい。陰暦ではそれは月の終わりごろにあたるので、月の下旬や月の末日の意味になり、やはり年の最後の日を「おおつごもり」と呼ぶようになったようである。
 井原西鶴晩年の『世間胸算用(せけんむねさんよう)』には「大晦日(おおつごもり)は一日千金」という副題が付けられていて、居留守やけんか仕掛け、亭主の入れ替わりなどさまざまな手を使って借金取りを追い返し、なんとか大晦日を切り抜けていこうとする町人たちの生きざまが描かれている。
 また西鶴には「大晦日」を詠んだ、「大三十日(おおみそか)定(さだめ)なき世の定哉」という句もある。
 今でこそ大晦日は、「紅白」を見たり、カウントダウンイベントに立ち会ったり、年越し蕎麦を食べたり、除夜の鐘をついたり聞いたりする日というイメージが強いが、江戸時代はまさに1年の総決算、勝負の日だったのである。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る