第57回
「薫る」の歴史的仮名遣い

 時まさに「風薫る五月」ということで、「薫(かお)る」の話である。
 シンガー・ソングライターの小椋佳さんに「シクラメンのかほり」という美しい歌がある。この歌のタイトルに使われた「かほり」だが、正しい歴史的仮名遣いは「かをり」だということをご存じの方は大勢いらっしゃるであろう。
 「かお(を)り」は「かお(を)る」の名詞形だが、「かお(を)る」の語源は、“香がそこにある” 、すなわち「カヲル(香居)」だという説がある。この説に従えば、存在する意味の「おる」の歴史的仮名遣いは「をる」なので、「かをる」で間違いないということになる。 
 だが、実は古典をひもとくと「かほる」「かほり」の例は数多く見つかるのである。たとえば、『日国』の用例部分を「かほる」「かほり」で検索すると、江戸時代の用例が圧倒的に多いものの、『源氏物語』などの平安時代の用例も多数見受けられる。写本で伝わることが多かった古典の場合、その仮名遣いは原本が成立したときのものではなく、写本が成立した時代のものであることも多いのだが、それにしても「かほる」「かほり」の時代的な広がりはかなり大きい。
 歴史的仮名遣いの愛好者には叱られてしまうかもしれないが、辞書には「かおる」の正しい歴史的仮名遣いは「かをる」であると書かれていても、個人的には「かほる」も繊細な響きがあって悪くないと思っている。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る