第61回
「肉汁」の「汁」を何と読むか?

 先日、焼き肉をおいしく食べるには秘訣(ひけつ)があるというNHKの番組を何気なく見ていたら、アナウンサーが「ニクジュウ」といったあとに「ニクジル」と言い換えていた。漢字で書けば「肉汁」だが、みなさんはこれを何と読んでいるだろうか?
 かくいう筆者は「ニクジュウ」派なのだが、若い人の間に「ニクジル」が増えているという。確かにインターネットで検索すると、「ニクジル」が勢力を伸ばしつつあるという傾向がうかがえる。
 『日国』で「肉汁(にくじゅう)」を引いてみると、
 (1)鳥獣の肉を煮出してつくった汁。また、肉を入れた汁。肉羹(にっこう)。
 (2)「にくしょう(肉漿)」に同じ。
 (3)肉を焼くときにしみ出る液汁。
とある。(3)が今回のテーマの意味である。(2)の「肉漿」とは、やはり『日国』よれば「肉をしぼってとった汁」のこと。
 これに対して、「ニクジル」は『日国』には見出し語として登録されていない。これは、他の国語辞典もほぼ同様である。
 「ニクジル」という言い方は、同じ「肉」の付く「肉厚(にくあつ)」「肉色(にくいろ)」「肉太(にくぶと)」などといった読みの語に引きずられて生まれた、新しい言い方だと思われる。「ニク」は訓読みのようだが実は音読みで、「シル(ジル)」は訓読みだから「ニクジル」だと重箱読みになってしまう。
 そのためNHKでは伝統的な「ニクジュウ」を使うようにしているようだ。くだんのアナウンサーは、焼き肉の食べ方を伝授する番組は若者向けだと判断したのかもしれない。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る