第66回
「すててこ」は「ステテコ」ではない

 夏の節電対策としてすててこが流行(はや)っているらしい。それも天才バカボンのパパがはいていたようなものではなく、そのまま部屋着にも使えるおしゃれなものが主流だという。
 「すててこ」というのはなんだか愉快な名称だが、語源はご存じだろうか。
 インターネットで「すててこ」を検索すると「ステテコではありませんか?」などと聞いてくるが、外来語ではなく立派な日本語である。もともとは、宴席などで踊ったこっけいな踊りで調子をとるはやしことばだったのである。
 『浮世床』(1813~23)にも「アすててこすててこすててこてんてこてんとんとん」という、どういう節回しなのか知りたくなるようなはやしことばが紹介されている。
 明治初期には「すててこ踊り」というこっけいな踊りが宴席などで起こる。後ろ鉢巻きをして、じんじんばしょり(着物の背縫いの所をつまんで、帯の結び目の下に挟みこむこと)の下にだぶだぶな下ばきをはき、鼻をつまんで捨てるまねをして踊ったらしい。
 この踊りを、明治13年(1880)頃、東京の落語家三遊亭円遊(三代目)が寄席で踊って以後流行した。円遊がこの踊りを踊るときにはいた、ひざの下まであるズボンの下ばきが現在のすててこの原型である。
 今風のおしゃれなものは、確かにステテコなどとカタカナ仮名書きにしたくなるものなのかもしれない。だが、「クールビズ」などとうたっているステテコを見ると、いくらおしゃれになったからといって、仕事にはいていくのはちょっと無理があろうという気がする。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る