第69回
夏の美しい日本語

 TOKYO FM の「シナプス」という昼の番組で、時折ことばの話をしている。先日は夏の美しい日本語を紹介してほしいと頼まれて話をした。
その時取り上げたのは、「銀漢(ぎんかん)」「油照(あぶらで)り」「草(くさ)いきれ」「夏座敷(なつざしき)」の4語であった。  
 放送の前に何語か候補として挙げたのだが、時間の都合でボツになったものがある。せっかくなので、この場を借りてそれらを紹介させていただきたい。
ボツになったのはどういう語かというと、「夕涼(ゆうすず)み」「蝉(せみ)しぐれ」「海鳴(うみな)り」の3語である。
 夕涼みは、夏の夕方、戸外や縁側・縁台に座って涼を取ること。盥(たらい)に水を張って行水した後に夕涼みを楽しむ風習は、江戸時代からつい最近まで、庶民の生活に深く根付いていた。最近は縁側や縁台のある家は少なくなったが、節電が叫ばれている今年はエアコンばかりに頼らず、夕方は外で涼んでみるのもいいかもしれない。
 蝉しぐれは、多くの蝉の、鳴きしきる声が、大きくなったり小さくなったりして、まるで時雨の降る音のように聞こえることをいう。芭蕉の「閑(しづか)さや巖にしみ入る蝉の声」(『奥の細道』)は蝉しぐれを詠んだ句として有名である。
 海鳴りは、台風や強い低気圧が海上にあるとき、近くの海岸で聞こえる遠雷のような音。静岡県遠州灘の海鳴り(波小僧とも呼ばれる)は、環境省選定の「残したい日本の音風景100選」に選ばれているそうだ。
 いずれもいかにも夏を感じさせる日本語だと思う。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る