第73回
「どじょう」

 自らを「どじょう」になぞらえた首相が誕生した。
 おかげでその野田新首相が引用した、詩人で書家の相田みつを氏の詩集ばかりでなく、「どじょう」そのものの人気もうなぎ登りだという。
 「どじょう」というと、食い意地の張った筆者などは、東京浅草のどじょう料理の老舗をまず思い出してしまう。その店は「どじょう」のことを「どぜう」と書いているので、長い間それが歴史的仮名遣いなんだろうと思い込んでいた。ところが、辞書の仕事をするようになって、歴史的仮名遣いは「どぜう」の他に「どぢゃう」「どづを・どぢを」「どじゃう」「どじょう」など諸説あることを知った。
 浅草のお店が「どぜう」と書くようになったのは、文字数を縁起のよい奇数にしたかったかららしい。だが、通常の国語辞典では、発音の別がわかる室町時代の文献に、「ドヂャウ」「土長」の表記がみられるところから、歴史的仮名遣いは「どぢゃう」とするものが多い。
 この語は語源もわかっておらず、『日国』によれば、「泥津魚(どろつお)」の意味、「泥棲魚(どろすみうお)」の意味、「土長(どちょう)」の意味、髭(ひげ)のある魚であるところから「土尉(どじょう。「尉」は男の老人)」の意味、といったように諸説ある。どうも、つかみどころのないことばのようだ。
 10年前に自民党の小泉内閣が発足した直後に、小泉首相が所信表明演説で紹介した「米百俵」ということばが、2001年流行語大賞のひとつに選ばれている。今回、政権は民主党に変わっているが、やはり新首相が口にした「どじょう」は流行語大賞に選ばれるであろうか。柳の下に二匹目はいるかどうか。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る