第88回
なでしこ

 2011年の流行語大賞が「なでしこジャパン」に決まったという。日本女子サッカーチームのワールドカップ初優勝は、震災後の日本の明るい話題のひとつであった。
 「なでしこジャパン」の「なでしこ」はもちろん「大和なでしこ」からきている。「大和なでしこ」は日本女性の清楚な美しさをたたえていう語だが、一般にその意味で使われるようになったのは江戸後期になってからのようで比較的新しい。
 ただナデシコという花自体は、古くから美の対象とされている。たとえば万葉歌人の大伴家持(おおとものやかもち)は、
 わがやどに蒔(ま)きしなでしこ いつしかも花に咲きなむなそへつつ見む(『万葉集』巻8・1448)
という歌を詠んでいる。家持が後に妻となる坂上大嬢(さかのうえのおおいらつめ)に贈った歌で、自分の家に蒔いたナデシコが咲いたら、その花をあなただと思って見よう、という意味である。なんとも美しい恋歌ではないか。この歌からは、その当時からナデシコの花が園芸植物として愛玩されていたこともわかる。
 ナデシコは秋の七草のひとつで、同じ万葉歌人山上憶良(やまのうえのおくら)には、それらを詠み込んだ有名な歌がある(『万葉集』巻8・1538)。
 ちなみに、母の日のシンボルの花であるカーネーションも同じナデシコ科の花である。その花の名をタイトルにしたNHKの朝ドラも評判がいいようで、今年は「なでしこ」が日本に元気をもたらした年だったのかもしれない。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る