第89回
スズランの異名

 スズランの異名をご存じだろうか? 筆者も知らなかったのだが、「きみかげそう」というらしい。漢字で書くと「君影草」。
 その名を知ったのは、ある読者からのお手紙であった。その方は亡くなられた奥様の追悼文集を執筆なさっていて、文中で奥様のことを、奥様が愛したスズランの異名「君影草」と呼びたいとお考えになったらしい。そしてその呼び名の根拠として、『日本国語大辞典』でも引用している植物学者松村任三が編纂した『日本植物名彙』(1884年刊)の用例の該当個所を教えてもらえないだろうか、というお便りをいただいたのである。
 「君影草」なんていい名だな、と思いながら早速編集部にある『日本植物名彙』を見て、はたと困惑してしまった。辞典では引用していない部分にローマ字で「kimikakesō」とあるではないか。つまり、「キミカゲソウ」ではなく、「キミカケソウ」だった可能性がでてきたのだ。 
 辞典の内容に関わることなので、いろいろと調べてみることにした。すると、「キミカケソウ」の古い例は『草木弄葩抄(そうもくろうはしょう)』(1735刊)で、これには「君かけ草」とある。漢字で書くと「君懸(掛)草」であろうか。
 また「キミカゲソウ」は、確認できたのは『稿本草木図説』(1845~65頃)が最も古い例であった。
 江戸時代の文献は清音濁音の区別を付けないものがあるので、「キミカケ」になっていても「キミカゲ」の可能性も十分あるのだが、『日本植物名彙』のローマ字表記を見る限り、かなり早い時期から「キミカケ」「キミカゲ」両用あったことが判明した。
 「君影草」と「君懸(掛)草」。清濁の違いはあるが、どちらもきれいな名である。
 その後、その読者からは、いまだに奥様に“懸想”しているので、「君懸草」としたいというお手紙をいただいた。
 『日本国語大辞典』の語釈にも少し手を加えなければならない。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る