第93回
「々」は国語辞典に載せられるか?

 読者から、「々」を国語辞典の見出しにして欲しいという要望をいただいた。たいへんな難題でいまだにどうしたものか悩んでいる。というのも「々」には読みが無いからである。国語辞典は読みさえあれば見出しとして載せられるのだが……。
 「々」は、ワープロソフトなどではふつう「どう」「おなじ」「くりかえし」「おどりじ」と入力すると変換できるのだが、これらは読みや音ではない。また片仮名の「ノ」と「マ」に分解できることから、「ノマ(点)」などと呼ばれることもあるが、これなどは変換もできないのである。
 ではこの「々」は何かというと、漢字ではなく符号なのである。従って漢和辞典では載せていないものも多い。載せたとしても読みが無いのだから音訓索引からは引けない。総画索引からしか探せないのである。
 「々」のようなくりかえしの符号は、「踊り字」「畳字(じょうじ)」などと呼ばれているので、国語辞典ではふつうそれらを見出しにして、他の「ゝ」「〱(くの字点)」などとあわせて紹介することが多い。
 この「々」という符号は、漢籍で使われた「二の字点(二の字点)」が日本に入って変化したものとも、漢字「同」の異体字「仝」の変化したものともいわれている。二の字点は漢籍では同じ漢字を繰り返す際に漢字の「二」の字が使われていて、そのくずし字に由来する。ただ「仝」の字は「々」とは違い、「おなじ」「ドウ」という読みをもつれっきとした漢字である。
 「仝」は国語辞典の見出しにすることは可能でも、「々」はやはり難しいのである。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る