第94回
辞典編集の世界が小説になった!

 『舟を編む』(光文社刊)という、直木賞作家三浦しをんさんの小説が売れているという。
 三浦さんの小説は登場人物たちが一途に何かに打ち込みながら、人間的にも成長していく姿を描いた作品が多いが、うれしいことに今回の舞台は出版社の辞典編集部なのである。  
 個性的な辞典編集者が、「大渡海」と名付けられた23万語の国語辞典の編纂に関わりながら、仕事や恋愛をめぐるさまざまな人間ドラマを繰り広げていくというストーリーなのである。
 それだけを読んでももちろんとても面白いのだが、辞典編集者の立場からすると、別な意味でも興味深い作品であった。というのは、ほとんどの方がおそらくご存じないであろうと思われる辞典編集の様子が丁寧に描かれているからである。
 実はこの「大渡海」編集部は『日国』『広辞苑』の編集部がモデルになっているのである。もちろん小説の登場人物はあくまでも作者の創作で、特定の人間がモデルになっているわけではないが。  
 人物造形で実際の辞典編集者そのままと言える部分は、普通の人よりも少しだけことばへのこだわりが強いということと、ことばの採取と辞書の編纂に人生を捧げている老学者が登場するが、辞書の世界には実際のこのような用例採取の神様のような方が何人かいらっしゃるということであろうか。ただ残念ながら多くの辞書編集者には小説のようなロマンチックな恋愛話は存在しない。たぶん……。
 三浦さんはご存じかどうかわからないが、実は三浦さんのお父上と『日国』とは浅からぬご縁がある。お父上は高名な上代文学者なのだが、まだ大学院生だった時に『日国』初版編纂のお手伝いをとても熱心にしてくださったのである。編集協力者として辞典にもお名前も出させていただいている。
 三浦さんが辞典編集のことに関心を持たれたのはお父上の影響かどうかはわからないが、我々としては地味な辞典編集の仕事にこんなすばらしい作品でスポットライトを当ててくださったということはとてもありがたい。辞書の世界に興味があってもなくても、ぜひお読みいただきたい1冊である。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る