第95回
順序よりも大事なこと

 まずは問題から。「ホール・ボール・ポールの各語は国語辞典ではどのような順番で並べられているか答えなさい」と聞かれたら、皆さんはすぐにおわかりになるであろうか。
 小学校の学習指導要領では小学3年生で国語辞典の使い方を教えることになっていて、これは実際に小学3年生の国語の教科書に掲載されている内容なのである。
 確かに国語辞典ではこのような見出し語の配列基準を設けている。たとえば筆者が担当した小学生向けの国語辞典『例解学習国語辞典』(第9版)では、「この辞典の使い方」という欄で、
濁音の「が・ざ・だ」などは、清音の「か・さ・た」よりもあとに、半濁音の「ぱ・ぴ・ぷ」などは濁音の「ば・び・ぶ」よりあとにならんでいます。
と断っている。そして、「ホール→ボール→ポール」の順であるという例が示されていて、冒頭の問題の答えはこれである。
 だが、たいていの人はこんな細かな約束事など知らなくても、五十音の順序さえ知っていれば簡単に辞書を引くことができているのではないか。
 なぜこんな細かなことをわざわざ辞書の凡例で書くのかというと、ことばを載せる順序をあらかじめ決めておかないと、ことばの配列がめちゃくちゃになってしまうからなのである。つまり見出し語の並べ方の基準はあくまでも便宜的なもので、こんな決まりが日本語にあるわけではない。だから、この配列基準は辞書によって多少異なっているのである。
 先日も国語辞典のことばの配列の問題がテストに出て子どもができなかったというお父さんから、どういう基準で語の配列を決めているのかというご質問をいただいた。
 こんな細かなことを覚えさせるよりも、子どもには実際にたくさん辞書を引かせるようにしてほしいと思う。そうすれば自然と調べたいことばが簡単に引けるようになるはずなのである。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る