第99回
辞書の真ん中はどのあたり?

 まずはクイズから。
 本文ページ1200ページの国語辞典の場合、その真ん中に当たる600ページは、五十音のだいたいどの音のあたりか?
  A.五十音の「し」の最後
  B.五十音の「に」の最後
  C.辞書によって違う
答えは、Aの サ行の「し」の最後あたりである。
 前回に引き続いて「五十音図」の話になるが、五十音の真ん中はBの答えの「に」である。だが、日本語は「カ行」「サ行」で始まる語が多いので、五十音で言うとやや頭でっかちの状態になっている。従って、「に」ではなくもっと前のサ行の「し」~「す」のあたりが、五十音で分けたときの語数的には真ん中になる。たとえば、『日国』第二版の書籍版では、全13巻のうちちょうど真ん中の巻に当たる第7巻(本文1453ページ)の743ページが「し」の最後のページである。
 なぜ、このようなことになるのかというと、日本語の五十音ごとの分布を見ると、カ行、サ行の音で始まる語が圧倒的に多いからである。さらに詳しく見てみると、そのほとんどは、読みが「カン」「コウ」「ショウ」などで始まる漢語由来の語なのである。日本語はいかに漢語由来の語が多いかがわかる。
 もちろんタ行以降も漢語由来の語がないわけではない。だがその数はかなり少ない。たとえばナ行などは漢語由来の語が少ないため全体的な分量も少なく、「なおす」「流れる」「逃げる」「ぬれる」などのような和語が目立つ。
 国語辞典では「し」のおしまいが真ん中くらいになるのがバランスのいい辞典であると言える。真ん中のページになっても「し」が終わっていないとすると、本文ページがあらかじめ決まっている紙の辞書では、ガシガシ、ひたすら削ることになる。オンライン辞書や電子辞書などではそのような心配がなくなってありがたいのだが、逆に電卓を叩きながら分量計算をしていた時代が懐かしくなってくる。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る