知識の泉へ

東洋文庫カルテ

東洋文庫
『論衡 漢代の異端思想』(王充著 大滝一雄訳)

ジャンル思想/伝記
時代 ・ 舞台1世紀後半の中国(漢代)
読後に一言王充にかかれば、御用儒学もスピリチュアリズムもけちょんけちょんです。その舌鋒に、溜飲が下がります。
効用本書を裏返せば、「漢代に信じられていたこと」がよくわかります。
印象深い一節

名言
およそ学問の方法とは、才のないことを恐れず、大先生をなじりかえし、道を明らかにし義を正し、是非を判定することである。
類書中国戦国時代の説話『中国古代寓話集』(東洋文庫109)
漢代の思想と精神『漢書五行志』(東洋文庫460)