知識の泉へ

週刊東洋文庫トップへのリンク

1963年に刊行がスタートした『東洋文庫』シリーズ。日本、中国、インド、イスラム圏などアジアの古典・名著がズラリそろって、その数なんと約700冊! 後世にぜひ引き継いでいきたい、まさにアジアの文化遺産なのです。

そんな珠玉の作品の中から、毎週1作品をピックアップ。1000文字のレビュー、そしてオリジナルカルテとともに、あなたを面白くて奥深い「東洋文庫」の世界へいざないます。

東洋文庫
『江戸参府随行記』(C.P.ツュンベリー著 高橋文訳)

2017/08/03
   スウェーデンの博物学者が見た
242年前の日本人の姿とは

 出島(長崎県)の一角には、あのシーボルトが建てた碑があります。そこにはラテン語でこう記されています。


 〈ケンペル、ツュンベリー、見たまえ、あなた方の植えた木はここに緑に栄え毎年花を咲かせています、育てた人を忘れずに、そしてまごころをこめた花環をささげるのです。 シーボルト〉


 いわゆる「出島の三学者」と称えられるのが、江戸時代、共にオランダ商館医として来日したこの3人です。シーボルトは同じ科学者として通じるものがあったのでしょう。


●ケンペル(1651~1716) ドイツの博物学者、医師。1690~92年日本滞在。著書に「日本誌」など。
●ツュンベリー(ツンベルク、1743~1828) スウェーデンの博物学者、医師。1775~76年日本滞在。著書に「日本植物誌」「日本動物誌」など。
●シーボルト(1796~1866) ドイツの博物学者、医師。1823~29年日本滞在。1859年再来日。著書に「日本」「日本植物誌」「日本動物誌」など。


 本書『江戸参府随行記』は、今から242年前の夏、日本にやってきたツュンベリーによるものです。

 彼の日本人論が非常におもしろい。


 〈国民性は賢明にして思慮深く、自由であり、従順にして礼儀正しく、好奇心に富み、勤勉で器用、節約家にして酒は飲まず、清潔好き、善良で友情に厚く、率直にして公正、正直にして誠実、疑い深く、迷信深く、高慢であるが寛容であり、悪に容赦なく、勇敢にして不屈である〉


 ツュンベリー、基本的に日本人を絶賛しているのです。もちろん、不貞が平気なのはおかしい、とか、お上に服従するのが当たり前、とも分析するのですが。

 家畜に与えられているエサの中から、珍しい植物を見つけ出して標本にするようなツュンベリーです。科学者の視点で、道中記も冷静に記しています。そんなツュンベリーに褒められたのですから、嬉しくなります。

 ……と、ここではたと気づきました。ツュンベリーが見たのは「242年前の日本人」です。〝今〟の日本人ではないのです。褒められたからとニヤついていたら、ただの「愛国ポルノ」になってしまうところでした。

 「疑い深い」「高慢」「迷信深い」のマイナス評価を除くと、全部で21項目。ひとつひとつ、自分と比較してみると……。10にも満たない自分がいました。



今週のカルテ

ジャンル紀行
時代 ・ 舞台1700年代後半の日本
読後に一言出島の三学者は“科学者”として日本を訪れ、それぞれ「参府紀行」を残しています(ケンペル、シーボルトは当欄で紹介しました)。お互いに先達を意識していたようで、ツュンベリーは来日に際してケンペルの本を持ち込み、シーボルトはツュンベリーの本を携行しました。
効用ツュンベリーは滞在時、1日4回気温を測っていて、その記録も載っています。ちなみに長崎の最高気温は、8月の36.7度だったそうです。
印象深い一節

名言
日本帝国は、多くの点で独特の国であり、風習および制度においては、ヨーロッパや世界のほとんどの国とまったく異なっている。(「序」)
類書ケンペルの参府記録『江戸参府旅行日記』(東洋文庫303)
シーボルトの参府記録『江戸参府紀行』(東洋文庫87)
カテゴリ:
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る