「【あかりちゃん】ヒゲの隊長に教えてあげてみた」という匿名の作者がアップした動画が話題になっている。

 「あかりちゃん」は、現在、参議院で審議中の安全保障関連法案の必要性を説くために、7月2日に自民党が公開したショートアニメ「教えて!ヒゲの隊長」を皮肉ったパロディー動画だ。

 本家である自民党の動画は、元陸上自衛官で自民党参議院議員の佐藤正久氏が「ヒゲの隊長」というキャラクターで登場。あかりちゃんという高校生の女の子の安保法制への疑問に答えていく形をとっている。

 パロディー動画は、この自民党の動画に、独自の「あかりちゃん」の声をかぶせて、「ヒゲの隊長」の説明をことごとく論破していく。

 まず、本家・自民党の動画で、あかりちゃんが「ズバリ聞くわよ」と、ヒゲの隊長に質問。これに対して、パロディーのあかりちゃんは、「ズバリ言うけど、今回の安保法制、憲法違反だよね。チョー大変だよ、この時代に立憲主義の否定なんて。どこの独裁国家って感じ。ありえない。恥ずかしすぎて国際社会に顔向けできないんだけど」と先制パンチを繰り出す。

 尖閣諸島のトラブルについて、「日本の領土領空を守るために自衛隊の飛行機が緊急発進した回数は、なんと10年前の7倍になっているんだ」と説明するヒゲの隊長に、パロディー動画のあかりちゃんは「はい出た。10年前の7倍論ね。そもそも冷戦期には、それ以上の発進回数があったのに、あえて最低の回数だった10年前と比べる理由は? それどころか、安倍政権になってから異常にスクランブルが増えて、水増し疑惑とかもあるんだけど」と教えてあげているのだ。

 衆議院で強行採決された安全保障関連法案には、「説明不足」「憲法違反」などの声が上がっており、国会議事堂周辺では連日、法案に反対する人々によるデモが行なわれている。最新の世論調査では、全国紙5紙すべてで、現政権への支持率より不支持率が上回る結果となった。

 そうした影響もあってか、動画の再生回数も本家自民党よりパロディー「あかりちゃん」への支持率のほうが高い。

 8月5日現在、自民党の動画の再生回数は約49万回なのに対して、パロディー動画は約94万回と大幅に上回っている。

 7月28日、自民党は「教えて!ヒゲの隊長」のパート2を公開。ヒゲの隊長は、安保法制は「絶対に憲法違反じゃない」「徴兵制にはならない」と説明している。

 本家・自民党がパート2を公開したことに対して、パロディー動画のあかりちゃんはツイッターで、こうつぶやいている。

 「なんかすげーやなニュース届いたんだけど………orz」
 「あかりは」
 「ヒマじゃ」
 「ねーーーーーんだよ!!!!!」

 だが、世論はあかりちゃんへの支持率が高まっている。次回作では、どのようにヒゲの隊長を論破するのか。

 パロディー「【あかりちゃん】ヒゲの隊長に教えてあげてみた」のパート2の公開が期待される。
   

   

ニッポン生活ジャーナル / 早川幸子   


早川幸子(はやかわ・ゆきこ)
水曜日「ニッポン生活ジャーナル」担当。フリーライター。千葉県生まれ。明治大学文学部卒業。編集プロダクション勤務後、1999年に独立。新聞や女性週刊誌、マネー誌に、医療、民間保険、社会保障、節約などの記事を寄稿。2008年から「日本の医療を守る市民の会」を協同主宰。著書に『読むだけで200万円節約できる! 医療費と医療保険&介護保険のトクする裏ワザ30』(ダイヤモンド社)など。
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約2万冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る