「親指=thumb」から名付けられたもので、親指を唇に当てるポーズのこと。TRFのSAMが得意とするポーズのことではない。

 若い女子のあいだで「自撮りの際に自分が可愛く写るポーズ」として、あひる口・虫歯ポーズ・ハムハムポーズ……などに続き、ブレイクの兆しを見せているという。

 小椰準子(おなぎ・じゅんこ)という人気モデルが生みの親で、「口元に手を持ってくることによってフェイスラインが隠れ、小顔に見える」「唇のぷっくり感が強調されるのでセクシー」「自慢のネイルを披露できる」……といったメリットがあるらしい。

 今回のこの記事を書くにあたって、筆者も数々のサムポーズを閲覧してみたのだが、正直な話「可愛い」と感じた女子は、ほぼ皆無だった。上目遣いでキスのおねだり風を演出しようとすれば、いつまでたっても親指をしゃぶる癖がとれない“教育上の問題があった子”にしか見えないし、口をポカーンと開けて抜け感とやらを演出しようとすれば、“アホの坂田”にしか見えない。

 結局のところは、これまで流行った自撮りポーズと比べ、プロのモデルがしなければ様にならないクラスの難易度を秘めたデンジャラスなポーズだということだ。

 筆者も試しにやってみたが、モチロンのこと「可愛い」よりは「不気味」という言葉が、まさにぴったりだった……w。
   

   

ゴメスの日曜俗語館 / 山田ゴメス   


山田ゴメス(やまだ・ごめす)
日曜日「ゴメスの日曜俗語館」を担当。大阪府生まれ。エロからファッション、学年誌、音楽&美術評論、漫画原作まで、記名・無記名を問わず幅広く精通するマルチライター。『現代用語の基礎知識』2005年版では「おとなの現代用語」項目、2007年版では「生活スタイル事典」項目一部を担当。現在「日刊SPA!」「All About」の連載やバラエティ番組『解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ)の相談員で活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など。趣味は草野球と阪神タイガース。
ジャパンナレッジとは?
辞書・事典を中心にした知識源から「知りたいこと」にいち早く到達するためのデータベースです。日本語や歴史を深く掘り下げて知識を得られる辞典から、英語だけにとどまらない各外国語辞書や東洋文庫などの叢書まで、あらゆる項目の一括検索が可能です。