10代の女子を中心に、LINEで最近よく使われている究極の簡略語の数々。正解は、

 「り」→「了解」
 「け」→「OK」
 「そま」→「それマジ?」

であるらしい。

 「それマジ?」はともかく、「了解」や「OK」といった筆者世代でも多用する言葉は、「り」「お」と打っただけで変換候補の単語として出てくるはずだが、LINEをコミュニケーションツールとしてもっとも使いこなす10代女子にとっては、もはや“変換”のワンクッションすら億劫、時間の無駄ということだ。

 仲間外れにされてしまった世代からすれば当然のこと、ミスタッチの文字が誤送信されてしまったとしか思えないものばかりで、また「正しい日本語が云々〜」などと言語学系あたりの知識人が憂い出すことも予想されるが、各世代ごとの環境や事情があるのだから、それはそれで現象として素直に受け止めるべきだと筆者は考える(「受け入れる」必要はない)。

 ただ、「OK」の略語がなぜ「お」ではなく「け」なのかだけが、筆者的には謎である。やはり母音は応用度が広すぎるがゆえ、意味合いを特定する略語には向いていないということか? だとすれば、本能的な判断だろうが、なかなか用心深いセンスだと感心した。

 あと、「ほかにもあった若者がよく使う略語」に、「あーね!」→「あーなるほどね!」、「しょんどい」→「正直しんどい」などが挙げられていたが、これらは時短の観点から言えば、今ひとつなのではなかろうか。
   

   

ゴメスの日曜俗語館 / 山田ゴメス   


山田ゴメス(やまだ・ごめす)
日曜日「ゴメスの日曜俗語館」を担当。大阪府生まれ。エロからファッション、学年誌、音楽&美術評論、漫画原作まで、記名・無記名を問わず幅広く精通するマルチライター。『現代用語の基礎知識』2005年版では「おとなの現代用語」項目、2007年版では「生活スタイル事典」項目一部を担当。現在「日刊SPA!」「All About」の連載やバラエティ番組『解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ)の相談員で活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など。趣味は草野球と阪神タイガース。
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約2万冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る