10月2日。阪神に延長11回、2‐1でサヨナラ勝ちし、14年ぶり7度目のリーグ優勝を決めた東京ヤクルトスワローズの監督・真中満(まなか・みつる)氏(44)による、「自主性」をテーマとしたチーム再建術を一般的にこう呼ぶ。

 そんな“時の人”となった真中監督が「理想の監督」と挙げるのは、あのノムさんこと野村克也氏。92年、ヤクルトに入団し、野村ID野球の洗礼をどっぷりと受けた真中氏は、「現役選手のときから自分が監督になるつもりで野球を見ろ」「真中満マイナス野球がゼロにはなるな」などの訓示をくどいほど言われ続け、ミーティングで語られる野村監督の野球論や戦略などをマメに書き記し、2軍監督時代は困難に直面すると、そのノートを読み返したという。

 ヤクルトの監督を退任してから、阪神、楽天の監督を務め、結局オイシイところは後任の星野監督に持っていかれっぱなしだった野村イズムが(「野村が耕し、星野が実らせる」という評価もあるが)、20年近く経った今、ふたたび「真中イズム」とかたちを変え、ヤクルトで花開くとは……やはり、ヤクルトの“悪目立ち”しないチームカラーとの相性がよほど抜群なんだろう。

 ちなみに筆者のまわりには野村ファンがけっこう多い。そして、その人たちの決め台詞は皆、「僕(私)は阪神ファン(楽天ファン)じゃなくてノムさんファンなんです」だったりする。さすが王・長嶋と並ぶ野球界の“宝”である。
   

   

ゴメスの日曜俗語館 / 山田ゴメス   


山田ゴメス(やまだ・ごめす)
日曜日「ゴメスの日曜俗語館」を担当。大阪府生まれ。エロからファッション、学年誌、音楽&美術評論、漫画原作まで、記名・無記名を問わず幅広く精通するマルチライター。『現代用語の基礎知識』2005年版では「おとなの現代用語」項目、2007年版では「生活スタイル事典」項目一部を担当。現在「日刊SPA!」「All About」の連載やバラエティ番組『解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ)の相談員で活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など。趣味は草野球と阪神タイガース。
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る