直訳すれば「努力を要しない、軽々とやってのける」などの意味。ただし昨今は、世界45か国で刊行されている女性ファッション誌『ELLE』が発信したトレンドワード(正式には「Effortless Chic=エフォートレス・シック」)で、「肩の力を抜き、ほどよく崩した大人のカジュアルスタイル」というファッション用語として、おもに使用されている。

 とはいえ、筆者がたとえば近所の喫茶店へ原稿を書きに行くときの「短パン+友人の台湾みやげにもらったガラの悪い偽ドラ○もんのTシャツ+スリッパ(※12月〜3月は友人が家に忘れていったスウェット+我が草野球チームの公式ジャンパー+スリッパ)」みたいなファッションスタイルとは微妙に違っていたりする。あくまで「ほどよく崩す」の「ほどよく」が重要なわけであって、「崩しすぎ」「肩の力の抜きすぎ」は単なる「だらしないおっさん」としかカテゴライズされないのがむずかしいところだ。

 そういった「自然な着こなしができる人こそが真のオシャレさん」なる理屈はわからなくもないが、「努力を要しないように努力する」「肩の力を抜くように頑張る」というお題目は、もはや禅問答の域で、その境地に達するためには、なんらかの宗教的な修行に相当な時間を費やす必要があると思われる。おそらく現時点でエフォートレスや、以前取り上げた「ノームコア」を完璧に実践できている“真のオシャレさん”は、全先進国人口の数パーセントにも満たないのではなかろうか?
   

   

ゴメスの日曜俗語館 / 山田ゴメス   


山田ゴメス(やまだ・ごめす)
日曜日「ゴメスの日曜俗語館」を担当。大阪府生まれ。エロからファッション、学年誌、音楽&美術評論、漫画原作まで、記名・無記名を問わず幅広く精通するマルチライター。『現代用語の基礎知識』2005年版では「おとなの現代用語」項目、2007年版では「生活スタイル事典」項目一部を担当。現在「日刊SPA!」「All About」の連載やバラエティ番組『解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ)の相談員で活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など。趣味は草野球と阪神タイガース。
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る