1975年から2006年まで、新潮社では「作家自作を語る」というテレホンサービスを行なっていた。新刊本を著者みずからが肉声で紹介するというもの。ネット社会のいまとは違い、カセットテープの記録を約3分にまとめ、留守番電話で流していたアナログな時代のサービスである。同社のホームページによれば、「約1,000名の著者による約2,000件の談話を記録」した貴重な音声資料。10年以上も死蔵されていたのは、もったいないことであった。

 それが4月より、徐々にネット上で公開されていくことになった。第一期24人のうちでは、有吉佐和子『複合汚染』、城山三郎『官僚たちの夏』、向田邦子『思い出トランプ』、井上ひさし『吉里吉里人』と、あまりにも有名な名作について語られている。もはやお目にかかることがかなわない伝説たちとの邂逅。そもそもメディアへの出演がほとんどなかった作家、たとえば藤沢周平の声を聴けるなどとは、感慨深いことだ。

 小説が長く生き残り続けるために、いまは亡き作者みずからの宣伝が駆り出される。これはなにやらSFめいた、未来的な感覚すらある。本の世界が不況といわれて久しいが、老舗の出版社にはまだまだできることがありそうだ。
   

   

旬wordウォッチ / 結城靖高   


結城靖高(ゆうき・やすたか)
火曜・木曜「旬Wordウォッチ」担当。STUDIO BEANS代表。出版社勤務を経て独立。新語・流行語の紹介からトリビアネタまで幅広い執筆活動を行う。雑誌・書籍の編集もフィールドの一つ。クイズ・パズルプランナーとしては、様々なプロジェクトに企画段階から参加。テレビ番組やソーシャルゲームにも作品を提供している。『書けそうで書けない小学校の漢字』(永岡書店)など著書・編著多数。
ジャパンナレッジとは?
辞書・事典を中心にした知識源から「知りたいこと」にいち早く到達するためのデータベースです。日本語や歴史を深く掘り下げて知識を得られる辞典から、英語だけにとどまらない各外国語辞書や東洋文庫などの叢書まで、あらゆる項目の一括検索が可能です。