2015年の「おにぎらず」のブレイクは記憶に新しい。そのシンプルな作り方もさることながら、彩りなどがフォトジェニックである(写真映えする)ことも注目された。フォトジェニックな点ならば負けていないと、いま、レシピサイトなどで人気のメニューがある。その名も「ミルフィーユおにぎり」である。

 ミルフィーユおにぎりに用いるご飯は、少し塩を混ぜておくとよい。海苔は使わないので、ラップにご飯を敷いていく。サンドイッチのように、ご飯、具材、ご飯、具材、ご飯と重ねて層をつくるのがポイント。全体をラップで包んでかたちを整えたら、好みの大きさに切って出来上がりだ。切り口がきれいなので、お弁当でも楽しさを演出できる。

 ちなみに、スイーツのミルフィーユはフランス語で「千枚の葉」という意味で、その重ね合わさったイメージから来ている。ご飯もののレシピにスイーツの名前を冠するあたり、なかなかいまどきのネーミングセンスといえるだろう。
   

   

旬wordウォッチ / 結城靖高   


結城靖高(ゆうき・やすたか)
火曜・木曜「旬Wordウォッチ」担当。STUDIO BEANS代表。出版社勤務を経て独立。新語・流行語の紹介からトリビアネタまで幅広い執筆活動を行う。雑誌・書籍の編集もフィールドの一つ。クイズ・パズルプランナーとしては、様々なプロジェクトに企画段階から参加。テレビ番組やソーシャルゲームにも作品を提供している。『書けそうで書けない小学校の漢字』(永岡書店)など著書・編著多数。
ジャパンナレッジとは?
辞書・事典を中心にした知識源から「知りたいこと」にいち早く到達するためのデータベースです。日本語や歴史を深く掘り下げて知識を得られる辞典から、英語だけにとどまらない各外国語辞書や東洋文庫などの叢書まで、あらゆる項目の一括検索が可能です。